スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.16投稿記事③

誰のお金

皆さんがお住まいの市区町村によっては、子宮頸がんワクチンや麻疹ワクチンの接種に対する補助や、無料クーポンなんてものまで配布している所があるといいます。
実費なら3~5万するところがタダで受けられる、と聞くとお得な話と思って乗っかる人が多いようです。

でも、そのお金はどこから出ているのでしょう?
そのお金は市区町村の福祉予算から出ているのであり、その元は我々が納めた税金です。
そのお金で製薬会社や医者が儲かるというわけです。

しかしそれでも病気が予防できるのなら、受けることは良い事だと思われるでしょう。
もしそのワクチンに、病気を予防する効果が“全く”無いとしたら?
これは笑い話でも何でもなく、実際臨床で用いられているワクチンの多くが予防効果に疑問を持たれていたり、全く予防効果が無いことを示されたりしています。
それどころか、危険な物質であり、害の大きいワクチンも多いのです。
全く予防効果が無く、害でしかないものを、いくらタダだからって打つのは馬鹿げているとは思いませんか?

しかもこのワクチンというものは、他の医薬品とは違くカラクリがあるのです。
それは、普通医薬品で副作用があって障害が残ったり死亡したりすると、製薬会社がその補償をしなければいけません。
世界のビッグファーマと呼ばれる会社は、各々数千億ドルもの訴訟費用を抱えているものなのです。

ところが、ワクチンにおいてはワクチン接種において副作用が起こったり死亡したりしても、製薬会社や医者は一切の保証をしなくても良いことになっています。
そして代わりに国が補償するという事になっているのです。

国が補償するといっても、その原資は我々の納めた税金です。
結局製薬会社や医者は丸儲けで、そのツケはすべて国民が背負わされる仕組みとなっているのです。
こんなに美味しいビジネスだからこそ、最近はこぞってワクチンワクチンと大合唱なのです。
どんなに反論されてもむきになってワクチン接種を推奨する医者がいますが、こういうカラクリだったんですね。
正にお金に魂を売った人たちですね。

このような社会の現状も長くは続きません。
全てのツケを全部国民の借金に回しているから、日本は未曽有の借金まみれになってしまいました。
でも大丈夫。
消費税を上げることにしましたから、まだしばらくは国民から搾り取り続けられそうです。
スポンサーサイト

2013.6.5投稿記事②


本当の政治

多くの日本人は今の政治に期待することとして、真っ先に経済のことを挙げますが、政治が経済を中心に考えるようになれば、その国は終わりです。
はっきり言って、国は経済の事なんぞに口出しすべきではありません。
国は国民の生命や財産の保証や、インフラの整備・維持、独立国家としての自存・自衛を担えば良いのです。
多くの日本人は、メディアに騙され過ぎです。
僕みたいに、テレビなんて視なきゃいいんです。
そうすりゃうっかり騙されることも少なくなりますよ。

それなら本当の政治というものはどういうものか、またまたネイティブ・アメリカンの言葉から引用しましょう。

 私たちの生き方では、政治の決め事は、いつも七世代先の人々のことを念頭におきながら行われる。これからやってくる人々、まだ生まれていない世代の人々が、私たちよりも悪い世界で暮らしたりすることのないように、できればもっと良い世界に生まれてこられるように心を配るのが、私たちの仕事なのだ。私たちが母なる大地の上を歩くときに、いつも慎重に一歩一歩進むのは、これから生まれてくる世代の人々が、地面の下から私たちのことを見上げているからだ。私たちはそのことを、片時たりと忘れない。
        オレン・ライオンズ(オノンダーガ族) 1990年

2013.5.17投稿記事①


農業所得10年で倍増の愚

安倍総理がまたクレイジーなことを言っているみたいですね。
農家の所得を10年で倍増だって!?
昔から、農家の所得を向上させますって農家をだまして、借金漬けの困窮状態に追い込んでいった歴史を農家が忘れたとでも思っているのでしょうか?

戦後の農地改革によって自作農家が多数派になっても、戦前の農会、戦中の農業会、そして戦後の農協と、農家の自主独立を巧妙に阻止してきました。
農業試験場が、収量アップ、品質アップ、そして収入アップをちらつかせ、近代農法を農家に売り込む。
その種苗や肥料、農薬などの農業資材を農協が販売する。
近代農法に適した農地にするため、土地改良区が土地改良事業を行う。
その資金を農協が貸し出す。

皆さんご存知の通り、農協は協同組合という、建前上は農家の自主的な互助組織ではありますが、保険事業と金融事業をも取り扱うという、協同組合としては世界に例をみない組織です。
そうやって、巧妙に農家をしばりつけ、借金漬けの農奴へと追い込んで行ったのでした。

その結果、土地の命は徹底的に奪われ、農作物の命は人間の手によって弄ばれ、それを食べる我々の命も深刻な危機にさらされています。
こんな日本の農業を、誰が作ってきたのでしょう?

そしてこの上、お金をちらつかせて農家にさらなる服従を強いようとしています。
そのツケは、我々が払うことになるんですよ。

本当に今の日本人は、徹底的に愚民化されていて、世の中で起こっている危機に誰も気づきません。
いや、誰も気づこうとしません。
それでもって、こういうことを書くと、教えて教えてと、クレクレ君が寄ってきます。
マジうざい。

世の中がおかしいなと思ったら、まずは自分で調べなさい。
僕はあなた方の誰かに、教えてってお願いしましたか?
自分と自分の子供の命がかかっているんですよ。
あなた方愚民たちと、一緒に共倒れなんて、まっぴら御免ですから。

2013.5.9投稿記事③

アメリカの政治

ウォーレン・バフェットがアメリカの政治について語っていることは、そのまま日本にも当てはまると思います。
バフェット曰く、アメリカは2%の富裕層が資本を独占している。
政治家は富裕層からの経済的支援が無ければ議員になれない。
であるから、全ての議員はロビイストである。
そして、98%の国民の声を代表するロビイストはいない。
ゆえに、景気対策や産業保護など、あらゆる福祉政策や経済政策は、結局富裕層のみが利益を受ける政策であり、そのツケは98%の国民が増税や国債という形で払わされる。

結局民主主義とは、生まれながらに富を持つ富裕層が、庶民からさらに富を奪い取るために都合の良いルールである。

どうです、日本も同じだとは思いませんか?









2013.4.30投稿記事

政治と行政

政治家が国民のためと思って、様々な施策を考え、法を整備し、実行しようとします。
法整備の後、実際に施策を行うのは各省庁や、その関係機関です。
新たな施策は、新たな人員や予算が必要になります。
通常は実行機関として特殊法人を立ち上げます。
これが、新たな天下り先や利権となるのです。

つまり、政治家が国民のためと思って施策を考えても、それが実行される時には単に利権が増えるというだけのことになるのです。
その利権を支えているのは、我々が納めた税金です。
結局一部の人の利益のために、多くの国民がさらに搾り取られる羽目になるのです。

かつてユリウス・カエサルはこう言いました。
「全ての悪法は、それが始められたそもそもの目的は、良い目的からであった」と。

この言葉を理解するなら、本当に必要な政治とは、何を新たに始めるかではなく、何を止めるかだと理解できるでしょう。









プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。