スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.23投稿記事①

普通の歯医者

僕は普段は予防歯科の宣伝のために、記事を書いています。
残念ながら、FBの記事を読んで予防歯科に来た人は相変わらずゼロですが。
それでも書いてりゃそのうち良い事あるさって思っています。

でも、当クリニックは普通の歯科治療も行っています。
正直、普通の歯科治療でクリニックの経営は成り立っていますから、予防歯科を独立させたいという夢ははるか向こうにある状態です。
治療自体は嫌いではありませんが、好きでもありません。
それでも治療するからには誰よりもきっちりと治療したいと思い、実践しています。

僕が歯学部を卒業し、歯科医師免許を取った時には、日本一の臨床家になるという夢がありましたが、今となってはどうでも良いです。
臨床に対する熱意が無くなったというのではなく、恐らくもうそうだからです。
でも、客観的な立場の第三者が公正に判断するというものではありませんから、きっとそうだろうという感じです。
少なくとも、日本はおろか、世界を見渡しても自分以上に歯科臨床に精通していて、治療技術を持っている人間を見たことも聞いたこともありません。

僕は常々臨床家は、臨床に関する知識や技術は余すところなく研鑽し、身に付け、実践するべきであると考えています。
僕は開業医ですから、一般開業医が出来る歯科治療内容は全て出来るのが当然であると考えています。
すなわちむし歯の治療全般、保存修復、補綴、歯内療法、歯周病治療、小児歯科、口腔外科、インプラント、矯正治療、審美歯科、歯周形成外科、などなど。
これらは出来たらすごいとかじゃなく、出来るのが当たり前だと思っています。

歯医者にとって出来るとか出来ないとかじゃないんですよね、患者さんは歯医者さんは何でも知っていて、何でもできるって思っていますから。
特に、その歯医者の入り口に、歯科一般、小児歯科、矯正歯科、歯科口腔外科と標榜されていたらなおさらです。
でも、僕にとっては当たり前のことを、僕以外で実践しているドクターを見たことがありません。

ですから僕は常々言っているんです。
「矯正が出来ないドクターは、矯正しかできないドクターと同じくらい、使えない」って。
スポンサーサイト

2013.6.10投稿記事①


良い歯医者

良く聞かれることが、「良い歯医者を紹介して下さい」なんですけど、何で僕に聞くんですかね?
僕も歯医者なんですけど。
まあ、自分でいうのもなんですが、良い歯医者では確かにありませんけど。
だっていつも言ってますが、歯の治療など、誰も治せないし、誰も出来ないことは僕にも出来ませんから。

だから、むし歯や歯周病になってから救われようとしても遅いのです。
だから予防が重要なのであり、そして実行可能で現実的な予防法は存在します。
たとえむし歯や歯周病になってしまったとしても、治療後に快適な状態を少しでも長く維持したいのであれば、やはり予防の実践は欠かせません。

だから、僕は良い歯医者ではありませんが、本質的な予防の実践のお手伝いは出来ます。
良い歯医者というのは存在しませんが、予防歯科を実践している歯医者は少なくとも良心的ではありましょう。

じゃあ、予防歯科を実践していて、ちゃんとした治療が出来る歯医者を紹介して欲しって?
だから、そんな奴いないんだって!!
予防歯科を実践していない歯医者は金儲け主義の歯医者であり、治療することによって利益を得ているわけだから、治療終了後、二度と治療が必要なくなるようにするわけが無いって何度も言ってるでしょ?

じゃあ、予防を実践していて、さらに治療も一般的な治療から矯正治療、審美修復・補綴治療、インプラント治療、小児歯科、口腔外科、歯周形成外科処置まですべてこなせる歯医者を紹介したくても、世の中にそんな奴いないんだから、救われようなんて思わないでください。

僕が一番腹が立つのが、どっかのバカ歯医者のめちゃくちゃな治療の尻拭いをすること。
僕に見せないでね。
いい加減、気づいてね。

2013.5.30投稿記事③


歯石取り

あの、これはあまり知られていないのかもしれないけど、歯医者で定期的に検診を受けたり、歯石を取ったりする行為は、保険適応ではありません。
ですから、あなたの周りで保険診療で定期検診や歯石取りなどを行っている歯医者があれば、それは立派な不正診療です。
そして、それを保険請求すれば、それすなわち不正請求です。

保険で安くやってくれるから、良い歯医者だって!?
何バカなことってんの!?
そうやって保険財源から金をかすめ取る詐欺行為に、あんたらも加担してるんじゃないよ。
そういうのを、盗人とか、詐欺とかいうんだよ。

そういうわけで、ウチの予防歯科は完全自由診療ですから。
保険は使えませんし、それが当たりまえですから。
…、何でこんな当たり前のことまで書かなきゃならんのだ。

2013.5.19投稿記事①


親知らず

ときどき耳にしますが、「親知らずを抜くと、アゴが細くなる」って、そんな訳ありません。
前に友達と上北沢の居酒屋で飲んだとき、店員さんが「アゴを細くしたくて、親知らずと、さらにその手前の奥歯を抜いたのよ、おかげて細くなったわぁ」と、青々とした顎を撫でながら言っていました。
ちなみに普通の居酒屋でしたよ、ゲイバーじゃなかったはずだけどなぁ。

皆さん小顔にあこがれるようですね。
でも、あなたがモテないのは顔だけの問題じゃないと思いますが…。

残念ながら奥歯を抜いても、顔の輪郭は下顎骨が規定していますから、歯を抜いても変わりません。
歯を抜いて変化するのは歯槽骨のみであり、その下の基底骨は変化しませんよ。
残念でしたね。

なんて、オネエ系の店員さんに、言うことはできませんでしたが。
これを読んだあなたは、こんなバカなことは決してしないようにして下さいね♡

2013.5.15投稿記事③

代診が居つかない理由

僕はとっても心優しくて、代診には温かく接しているはずなのですが…
何故か、代診の先生が居ついてくれません。
これには色々な原因があるのでしょうが、その一つに根管治療(歯の神経の治療)があると思います。

当医院では、保険診療に関しては、当院独自の診療マニュアルを制作することで、治療を標準化しています。
そのマニュアルは、もう本当に細かく手技が決められています。
当医院において、マニュアルは絶対なんです。

あらゆる治療が質重視で細かく決められていますが、根管治療においては、Pathways of the Pulpに準じて手技が標準化されています。
根管拡大、根管形成、根管洗浄、根管充填。
特に、根管充填法は垂直加圧しかマニュアルに書いていません。
ですから、代診の先生はまず、垂直加圧根管充填法をマスターしなくてはなりません。

これは、代診の先生にとってはかなりのハードルのようです。
僕は、「マニュアルは絶対、出来なきゃクビ」と、つらっと言ってのけますから、代診の先生は追い詰められていきます。

でも、ドクターは治療に責任を負う立場なのだから、当然ですよね。
それに、抜髄は2回、感染根管は多くても3回までという治療回数の制限があります。
時間も限られた中で、垂直加圧まできっちりこなすのは至難の業のようです。

それでも何とか垂直加圧をマスターしても、ウチ以外の歯科医院では、垂直加圧の技術など、全く役に立ちません。
ウチの治療は、いわゆる”つぶしの効かない”治療ばかりですから。

かくして、それに気づいた代診は、離れていってしまうというわけです。
みんな口では、「勉強したいです」なんて言うけど、本当に勉強したいと思っているやつが来た試しはありません。

そんなわけですから、皆さん町の歯医者にまともな治療なんて、期待しない方が良いですよ。
僕はとっくに、この業界に失望していますから、だから予防歯科しか無いなって思っているんです。









プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。