スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.22投稿記事②

人工中絶

望まれない妊娠をしてしまった女性が中絶という方法を採ることに、僕は否定も肯定もしません。
僕は男ですから、女性の、ましてや妊娠してしまった女性の気持ちなど、分かるはずもありませんから。
それでも妊娠は一人でするものではありません。
ですから中絶という事も、女性だけの問題では決してありません。

さて、現在の日本はスイス、サンマリノと並んで平均寿命が世界で最も高い国です。
長寿であるという事と、国民が健康であるという事は必ずしもイコールではありませんが、それでも長寿自体は良い事のように思われます。
この平均寿命とは、各年齢の死亡率から算出するわけですが、当然生まれてからの人を対象にしています。
もしこの平均寿命に人工妊娠中絶の件数を合算したらどうなるでしょう?
もはや、日本は世界一の長寿国とはいえなくなりますね。
であるのなら、平均寿命に何の意味があるのでしょう?
中絶された胎児は人間ではないというのでしょうか?

ちなみに日本では「母体保護法」という法律によって、人工妊娠中絶は妊娠満22週未満までと決められています。
さらに妊娠満11~12週未満は初期中絶といって、死産届提出票の届け義務がありません。
薬を使った初期中絶を含めると、その総数は掴みきれません。
そもそも、人工妊娠中絶が満22週未満とされているのも、22週以降で人間になって、22週未満だとまだ人間になっていないからだとか、そんな理由で決められているわけではありません。
単に22週以降では中絶に伴う母体のリスクが大きくなるから、というだけの事です。

僕の個人的な意見ですが、そもそも受精後いつから人間になって、いつまでは人間じゃないとか、そんな線引きが出来るわけも無く、するべきではありません。
人間は受精直後から人間なのであり、何か他の生物から人間になるわけではありません。
ですから、いかなる方法を用いようが、受精後の命を奪う行為は殺人なわけです。
殺人が良いかどうかはまた、別のお話ですが。

人工中絶は日本では統計上、最も盛んだったのが1955年で、中絶件数は117万0143件でした。
1955年の出産数は173万0692件でしたから、中絶率はなんと40.3%にも上ります。
1955年生まれの人は、ラッキーだったといえますね。
そして統計上最新データは2011年ですが、この年の中絶件数は20万2106件、出産数は105万7000件、中絶率は16.1%ですが、これは先ほども書いたように、中絶技術の進歩によって過少申告されている可能性があります。

ちなみに人工中絶の技術が無かった江戸時代では、中絶の代わりに間引きが一般的に行われていました。
間引きとは、いわゆる嬰児殺しですね。
望まれない子供を処分するのであれば、実は中絶するより間引きした方が母体にははるかに安全です。
ならばなぜ、中絶なんて危険な行為を行うようになったのでしょう。

それは、西洋医学、西洋医術の発展と、キリスト教的宗教観が密接に関係しています。
でもその話はまた今度の機会にしましょう。
いずれにせよ、中絶という技術は非常に歪んだ技術であり、倫理的にも問題があります。
そこにさらに、優生学的観点と、遺伝子診断が入り込んできていて、正にカオス的な状況を呈しています。
でも、歴史と正しい認識を持てば、その裏に隠された目的を知ることができるでしょう。
スポンサーサイト

2013.6.19投稿記事

書店

最近は本が売れないのか、書店がどんどん減っているようですね。
そんな僕も、最近はamazonで本を買うことが多くなりました。
なにせ、便利ですからね。

でも、町の本屋さんも捨てがたいですね。
確かに欲しい本がもう決まっているのなら、amazonが便利で良いのですが、町の本屋さんには偶然の出会いというものがあります。
平積みの本を、何となく眺めるのもまた、本屋さんでの楽しみの一つですね。
そうやって掘り出し物の本に出会えると、とても嬉しいものです。

ですからわが町の本屋さんには、いつまでも頑張ってほしいと思っています。
それに、ブックカバーをつけてくれるのも良いですね。
僕は本をきれいなままで置いておきたい性格ですから、ここは重要です。

実は、つい最近もまた、amazonで本を3冊も買ってしまいました。
家に読まなきゃならない本が、10冊程溜まっています。
だから、本屋さん巡りもちょっとお休みですね。

2013.6.14投稿記事③

老人介護施設

僕の祖母もずっと特別養護老人ホームに入っていたから、現場は見て知っています。
あの施設全体が醸し出す雰囲気。
もう10年以上前から僕の顔も、僕の親の顔も名前も覚えていなく、面会に行っても何を話すでもなく…。
最後は胃ろうをして、拘束着を着せられて、それから1年以上も生きていた祖母。
面会に行くことに、何の意味があるのかとずっと考えていました。

そういう老人介護施設の状況は、まるで酪農の畜産場のようです。
ずらっと並べられた乳牛から、牛乳を延々搾り取っていく。
老人ホームの老人たちも、僕には乳牛のようにしか見えません。
すなわちお金を搾り続けるために、飼育しているだけ。

ですからそういう施設で働いている人も、お金を搾り取るだけの存在として、老人たちを扱っているのでしょう。
そういう言い方は働いている人に失礼だって!?
確かに、そんな見方は外から見ている人間の見方なのかもしれませんが。

そんな老人介護施設の現状を知るにつけ、なぜ日本人は、自分のことが自分でできなくなってもなお、土に返ろうとしないのか不思議でなりません。
先住民族の生き方を知るにつけ、自分で獲物が獲れなくなった時が死ぬ時だ、というのが本来の人間の生き方だろうと思うようになりました。
先住民族のみならず、日本人だってほんのちょっと前までは、そういう生き方だったはずです。

今では日本人は死に場所を選べず、死に方を選べず、栽培され搾り取れるだけ搾り取られる最後しか残されてはいないのでしょうか。
僕は、自分のことが自分でできなくなったなら、潔く土に返りたい、絶対に医者には診せないでほしいと切に願っています。

2013.6.4投稿記事③


薬のネット販売

薬のネット販売に異を唱える人が多くいるようですが、自民党が政権を取ったのだから、当然の成り行きです。
日本は民主主義の国で、政府は民意を反映しているはずですからね。

薬のネット販売が解禁されることによって、薬がもっと売れるようになります。
製薬会社は儲かりますよね。
しかも、西洋医学の薬とは全て毒であり、症状の一時的な緩和のツケは、後でもっと深刻な病気となって払わされます。
そうなれば、病人が増え、病院が儲かり、さらに薬が売れ、製薬会社が儲かるという、好循環が生まれます。
この場合の好循環とは、もちろん疾病利権の享受者側にとってですが。

皆さん覚えていますか?
政府は医療・介護・健康関連産業を成長分野と位置づけていることを。
そのための施策として、薬のネット販売解禁は当然の流れでしょう。

しつこく書きますが、これは我々国民の多数派が望んだことなのです。
今の総理、今の政府はあなた方の願いをかなえるために政策を行っているに過ぎません。
国民をもっと奴隷化し、搾取し、病気にし、金にどん欲にさせ、売国奴の手先にさせる政党を与党にしたのは、日本国民ですからね。

2013.6.3投稿記事


成長分野

政府は医療・介護・健康関連産業を成長分野と位置づけ、経済成長と雇用創出が見込めるとか何とか…
皆さんは、これを聞いてイラッてこないのでしょうか。

だって、医療の分野が成長するという事は、病人が増えるって事ですよ。
介護の分野が成長するという事もまた、要介護者が増えるという事。
健康関連産業が成長するという事は、健康じゃない人が増えるっていう事。
成長するという事は、それらを必要とする人たちが増えるって事なんですよ。

こんなことをシレっといってのける政府に、何も感じないのだとしたら、相当洗脳されていますね。
政府がこうもはっきりと“成長させる”っていってるんだから、国は本気で病人をたくさん作ろうとしてくるんですよ。
なぜこんなことをいう政府を支持するんですかね。
そんなに病気になりたいんですかね、皆さんは。

医療なんて、無きゃ無いに越したことはないんです。
病気にならない方が良いに決まっているんです。
そして、正しい知識を身につけ、実践すれば世の中に蔓延している病気のほとんどを避けることができるんです。

僕は歯科医師ですから、歯科疾患の予防という立場でしか語ることはできなせんが、予防歯科の実践は、とどのつまりが人間本来の健康を手に入れること。
病気にならない生き方の実践という事なんです。

世の中に病気が蔓延することで利益を得る構造を、“疾病利権”と呼ぶことは前にも書いてきました。
その疾病利権の親玉が、日本の政府であり、国ぐるみだってことがいかに恐ろしい事か、多くの日本国民に知ってもらいたいですね。
プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。