スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.6投稿記事

妊娠と歯

よく、子供を産んだら歯が悪くなったという人がいますが、それは半分は当たっていますが、半分は間違いです。

まず、女性は妊娠すると、お腹の子供に栄養素を優先的に送るようになります。
タンパク質やビタミン、ミネラルなど、母体の健康を維持するために必要な栄養素であっても、胎児に回されてしまいます。
そのため、たんぱく質やビタミン、ミネラルの欠乏を起こしやすくなるのです。

皆さんご存知の通り、歯はカルシウムでできています。
歯は一度口腔内に萌出したら、ずっとそのままというわけではありません。
歯の表面は脱灰と再石灰化を繰り返しながら、結晶構造を強化しています。

しかし、妊娠するとこのカルシウムも胎児に優先的に持っていかれます。
そのため、唾液中のカルシウムが減少し、再石灰化能が低下するので、むし歯になりやすくなるのです。

むし歯という疾患は、複合的な要因によって起こります。
唾液中のカルシウムの低下が起こっただけで、皆がむし歯になるわけではありません。
あくまでむし歯の発症に大きな影響を与えているのは食事の内容です。
特に砂糖や異性化糖などの糖質が、むし歯の発症や進行と密接な関係を持っています。

女性は妊娠すると、つわりが起こります。
つわりは軽い人と思い人がいますが、栄養学的には妊娠前の十分な栄養補給によって相当程度つわりを軽くすることが出来る事が知られています。

つわりがあると、気持ち悪くて食事が満足に出来なくなります。
そこで、少しでも口当たりの良いもの、甘い物を摂りがちになります。
この、食に対する嗜好の変化によって、今までむし歯のなかった人でも、妊娠を機にむし歯になったりするのです。

でもこれは、食に対する正しい認識を持つことで防ぐことができるはずです。
というわけで、結局妊娠すると歯が悪くなるというのは、半分当たっていて、半分間違っているというわけなんですね。









スポンサーサイト

2013.5.5投稿記事③

食と健康

食と健康に関しては、様々な意見がみられます。
非常に大切な意見もあれば、枝葉末節なことをことさらに煽るようなこと、果ては全く見当違いのことまで実に様々です。
科学的根拠に基づく意見もありますが、その大元の”科学的”というものが信用できないものだとしたら、我々は何を信じれば良いのでしょう。

食と病気に関しては、最も大きな影響を与えているものから改善すべきであり、それ無しに細かい事に気を配ってみても、大した意味はありません。

では、現代社会に蔓延する様々な疾患の、食からみた元凶はというと…
なんといっても、まずは砂糖でしょう。
甘い物は一切摂らない。
これが、食から健康になるための、最も大切なことです。
甘いものを摂り続けて、健康になりたいなどと、バカを言うんじゃありません。

次に重要なのは、白米です。
平安京の時代から、白米常食と脚気に関しては広く知られていました。
そして現在もなお、白米常食で健康ではいられません。
白米を食べ続けていながら食の大切さを訴えるなどとは、まさに愚の骨頂ですね。

健康の基本は毎日の食から、そして食の諸悪の根源が砂糖と白米である。
これが全てのスタートですから、これすら変えられない人は、もはや健康になりたいとか、救われたいとか願わないでください。









2013.5.5投稿記事②

治療と予防

歯磨きのところでいまいち理解できなかった人がるみたいですから、さらに補足しておきましょう。
予防とは、病気になる前に病気にならないようにするための一連の行為のこと。
治療とは、病気になってから病気を治す(直す)ために行う一連の行為のこと。

ところが、むし歯も歯周病も、一度罹患したら、決して元には戻りません。
すなわち、完治の無い病気なのです。
ですから、予防が重要という事になります。

完治の無い病気であるのなら、治療の目標はどうなるのかというと、病状の安定化です。
これは、疾患の急性期に対処し、症状を緩和し、進行を抑制し、更なる破壊を防ぐという事になります。
ただし、これはあくまで治癒というわけではありませんから、現状の維持が目標になります。
これを、歯科ではメインテナンスと呼びます。

歯磨きは一連のプラークコントロールの手段の一つです。
そしてこれは、治療やその後のメインテナンスにおいては重要なポジションを占めます。
これは、疑いようのない事実です。

しかしまた、疾患の予防という面から考えると、歯磨きは特に重要なものではありません。
プラークの存在自体が疾患の発症と直接の因果関係を持たないからです。

これは本当にややこしいですね。
でも、とても大切なことなので、きちんと理解して下さい。
これが理解出来るようになれば、正しい予防歯科というものがどういうものかも理解することができるようになります。

歯磨きは何のために行うのか、目的が分かれば、正しい歯磨きの仕方というものも分かるというものです。









2013.5.5投稿記事①

インプットとアウトプット

今日は日曜日の祝日の振り替えなので、お仕事です。
暦通りの3連休は、僕はもっぱらインプットに勤しんでおりました。
人間二つのことは同時に出来ません。
インプットするときにはアウトプットは出来ません。
すなわち、本を読んでいるときに本を書くことは出来ないのです。

執筆もしなくてはいけませんが、この連休は主に溜まっていた本を読んでいました。
また知識の引き出しが増えたことは、僕にとって非常に喜ばしい事です。
しかし、その分頑張って得た知識を、より多くの人に還元しなくてはならない責任も生じます。
知識はそれを実行してこそ、本当に価値あるものになります。
インプットばかりでアウトプットしなければ、知識は存在しないも同じになってしまいます。

逆に言えば、アウトプットするためにはインプットしなくてはいけません。
学習し続けることなしに、世の中に貢献することはできないのです。
そう考えると、人間の価値というものは、自分自身で作り上げるものだなとしみじみ思います。
インプットとアウトプットのバランスを取りながら、より多くの人に貢献できるようになりたいものです。






歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)



2013.5.3投稿記事③

歯周病と歯磨き

誤解が無いように追加しておきます。
むし歯も歯周病も、その発症と歯磨きとは本質的に関係はありません。
関係が無いということは、歯磨きはむし歯や歯周病の予防のためにするものではないということです。
それ以外の目的、例えば口臭予防とか、着色の除去や防止、単にすっきりすると気持ちがいいなど、歯磨きには様々な効能があり、それを目的に歯磨きすることは良いことです。

むし歯も歯周病も、進行性の疾患でかつ、不可逆性の疾患です。
ですので、いったん発症してしまうと、決して元通りには戻らなく、ゆえに治癒はありません。
そして、歯周病においてはプラークコントロールが治療において重要な役割を果たしますから、歯医者さんでの処置の他に、普段の歯磨きもまた大切になってきます。

そして、歯周病が治癒の無い疾患であるのなら、プラークコントロールもまた、ずっと続ける必要があるということになります。
これは歯磨きもまた、然りです。

歯周病は自覚症状に乏しく、ゆえに歯医者さんで定期的に検査してもらうほうが良いでしょう。
そしてたとえ自覚症状が無くても、歯周病が発症しているのならば、速やかな治療をお勧めします。

それでもなお、歯周病の発症と歯磨きは関係ありません。
歯周病の発症の原因は、普段の食生活にあります。
ですから、治療行為ばかりを行うのではなく、そもそもの発症の原因を取り除くことが非常に重要なのです。
では、どういった食生活が歯周病の発症と関係するのでしょうか?

…、そのことについて、これまでいっぱい書いてきたんだから、読んでくださいね。









2013.5.3投稿記事②

正しい歯磨き

そうそう、歯磨きもまた、虫歯を予防しませんよ。
デンタルフロスも、歯間ブラシも、いかなる歯磨き粉やマウスウォッシュ剤も、むし歯をこれっぽっちも予防しませんから。
頑張って歯磨きしているあなた、残念でしたね。

むしろ、歯磨き粉をつけてごしごし歯磨きすると、歯ぐきを傷つけたり、歯ぐきが下がったり、歯の根元が削れたりして害があるのだから、頑張っちゃダメですよ。

でも、歯周病の予防には効果があるだろうって?
いや、それもほとんどありません。
これはマジで言っています。

ですから、歯磨きというのは口臭予防とか、着色予防とかその程度のためにしかなりません。
なので、正しい歯磨きの仕方ですが、まずは何も歯ブラシにつけない状態で、プラークを適当に落とします。
そしていったん口をゆすいだら、今度は研磨剤入りの歯磨き粉を少量歯ブラシにつけて、見えるところだけ磨いて着色を落とします。
研磨剤入りの歯磨き粉をつけているときは、歯ぐきの際を擦らないように注意してください。
これ、大事です。

ちなみにですが、もうすでに歯周病になっている人は、歯磨きは治療の一環として重要です。
そこは、歯医者さんの指導の下にしっかりと行ってくださいね。









2013.5.3投稿記事①

フッ素

予防歯科について調べていると、ほとんど必ずフッ素に行き着きます。
特にむし歯の予防に関しては、これ以外に有効な予防法など存在しないといわんばかりです。
しかし、世界で古くからたくさん応用され、日本でも積極的に用いられているフッ素ですが、果たして本当にむし歯を予防しているのでしょうか。

どうも調べれば調べるほど、フッ素によるむし歯予防には、歯医者サイドのメリットしか無いようです。
つまり、患者サイドにとってはメリットが無い、すなわちむし歯を予防しないということ。

歯医者サイドのメリットといえば、何といっても虫歯を予防しないこと、です。
だって、むし歯になる患者を相手に商売しているのだから、むし歯が減るのは、歯医者にとっては死活問題なんです。
だから、患者の減らない予防法は、歯医者にとって理想的なんですね。

歯医者以外の医療サイドにもメリットはあります。
フッ素は体にとって有益なことは何も無く、ただ害だけしかない物であるのなら、フッ素の害によって病気になる人が、他の医療機関の飯のタネになるのですから。
疾病利権の構造は、本当に良く出来ていると感心します。

また、フッ素を塗ることも歯磨きすることもむし歯を予防しませんが、本質的な予防法に目が行かないようにするという意味で、歯医者にとっては非常に好都合です。
つくづく、歯医者というのは腹黒い連中だなと、ぞっとします。

むし歯の予防には、砂糖を摂らないことが最も本質的で、有効な予防法です。
さらに、むし歯のみならず、歯周病や全身の慢性疾患の予防にも非常に効果的です。
フッ素や歯磨きで何の予防が出来るのか?
いいかげん、カモられていることに、皆さん気づいてね。









2013.5.2投稿記事

ホメオパシーとアロパシー

ホメオパシーとは、ドイツの医師、サミュエル・ハーネマンによって1810年に創始されました。
「類似したものは類似したものを治す」という「類似の法則」に基づき、その病気の同じ症状を引き起こす物質を、極度に希釈し(その物質が物質的でなくなる程希釈し)、多くは砂糖玉に混ぜてレメディという形で経口使用されます。
これは、同種療法と言われる治療法であります。

この概念と治療法は、瞬く間にヨーロッパを席巻し、大流行しました。
また、ハーネマンは従来の西洋医学を”アロパシー”と呼び、批判しました。
それもそのはず、当時の医学の正道ともいえる西洋医学では、有効な治療法といえば瀉血が代表とされるような医療でしたから。
瀉血とは、ランセット(刺らく針)で静脈を切る方法であり、血を抜く治療法の事です。
このランセットが、イギリスのあの有名な医学雑誌の名前の元となっていることからも、西洋医学の主流が見て取れます。

ハーネマンは、この西洋医学を批判し、ホメオパシーこそが真の医術であるとして、実践と普及に努めました。

ホメオパシーは、僕は今でもアロパシーよりも優れた医療だと考えています。
えっ、プラセボ以上の効果なんて無いだろって!?
その通りです。
ホメオパシーとは、裏を返せば何もしていないのに等しく、現代医療は何もしないよりも予後が悪いのだという事です。

ですので、現時点で何か疾患を患った時に、西洋医学に罹るよりはホメオパシーの治療院に罹る方が良いでしょう。
近くにホメオパシーの治療院が無い場合はどうすれば良いかって?
もっと良い方法があるじゃないですか。
病院に行かないという選択肢が。

単なる砂糖の飴玉なめるよりも、そっちの方がもっと良いって思いませんか?

ちなみにアメリカでホメオパシーが衰退した理由は、1842年に創立したアメリカ医師会(Armenian Medical Association)が、ホメオパシーなどの代替医療を徹底的に弾圧したからです。
特に、サルファ剤とそれに続くペニシリンの発見は、西洋医学の急速な進歩を促したのと同時に、代替医療を過去のものとして葬り去ったのでした。

この事実を鑑みてもなお、やはり何もしない方が西洋医学よりも予後が良いのは変わらぬ事実ですけど。









2013.5.1投稿記事③

不正咬合と近視

原住民族の健康状態を知れば知るほど、不正咬合が人間の遺伝子に組み込まれた状態なのでは決してなく、栄養欠乏によってもたらされる後天的な状態であることが理解でします。
そしてそのことは、不正咬合は予防可能であることもまた、示唆しています。

同様に近視(近眼)もまた、原住民族にまずみられないことから、不正咬合と同様の発症要因が推察されます。
僕はメガネをかけていませんが、メガネやコンタクトというのは、不便なんじゃないんですかね。
何でそんなもの使ってるんだか、良く分かりません。
生まれつきだって!?、じゃあ親を恨んでください。

ここで良く言われることが、日本人は昔から目が悪い人が結構いたという事。
でも、あまり知られていないのが、日本人は昔からそもそもそんなに健康な民族では無かったという事。
これ、本当ですよ。

ですから、昔の日本食こそが真の健康食だとかいう人がいるけれど、その日本食を食べている時代から日本人にはむし歯が蔓延していたし、近視も多かったし、結核で死ぬ人も結構いました。
じゃあ、どの時代の日本食を参考にすれば良いのでしょうか?

真に健康だった時代まで本気で遡ろうとするのなら、新石器時代くらいまでさかのぼらないといけませんよ。
確かに昔の日本人は、今の日本人よりははるかに健康だったかもしれませんが、それは今がひどすぎるってだけです。

でも、平均寿命が延びているって!?
そりゃ、病気でも死ななくなったというだけのこと。
だからいつも言うでしょ?病気になっても死ななけりゃ、ただ生き続けさえいれば、それで良いのかって。

僕は健康でいたいし、やりたいことがあるし、実際それをやっているし、だから病気にはなりたくないんです。
メガネだって、かけたくないからかけなくて済む方法を知りました。
みんなは知りたくないみたいですが。






歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)



2013.5.1投稿記事②

家畜と奇形

元々特定の栄養素と奇形の発生の研究は、家畜から始まりました。
特定の飼料で飼育すると高頻度に奇形が出現することから、飼料と奇形発現の関係が疑われ、ビタミンAが発見されました。
ビタミンAの欠乏は様々な奇形を発現しますが、特徴的なのは目の障害です。
1816年に生理学者のマジャンディが、栄養欠乏のエサで育てた犬に角膜潰瘍が高頻度にみられたことを報告しています。

栄養素が発生期のどの段階で障害されるかで、出現する奇形は変わります。
この他、ビタミンEも奇形と関連するビタミンとして知られていますが、ビタミンEの場合は不妊になることが多く確認されてもいます。
以前コンビニ弁当ばかりを与えて飼育したブタが、奇形の子供を産んだと話題になっていましたが、コンビニ弁当の添加物もさることながら、ビタミンなどの栄養素がいかに欠乏しているかを如実に物語っています。

ビタミンA欠乏で正常な目の形成が起こらなかったブタでも、栄養素を十分に含んだ資料で飼育すれば、その子供に奇形はみられないという事からも、先天奇形や先天疾患の多くは遺伝的に起こるのではなく、栄養欠乏などの後天的な原因によって起こっていると考えられます。

プライス博士は、人体の正常な成長・発育と高い免疫性の保持にとって非常に重要な栄養素が、脂溶性の物質にあると考え、これを賦活成分Xと呼びました。
この賦活成分Xがなんであるかは、未だに良く分かってはいません。
このことからも、栄養学は生命の神秘を全て解き明かしているわけではないのです。
この当時からビタミンAは良く知られていましたが、ビタミンAを補給するだけでは健康を維持することはできないことは、すでに知られていました。

やはり天然の食品から十分な栄養素をしっかりと摂取することが、健康を維持するうえで重要なのです。
そして栄養学は全ての生命の仕組みを完全に説明できるものではない以上、信頼すべきは栄養学的知識よりも、実際に健康体を維持している民族集団の食生活の特徴をより尊重すべきであると考えます。

そうであるのなら、彼らが健康食品やサプリメントを摂っているのでしょうか?
そんな訳ありませんね。
ですから、健康食品やサプリメントなどで手軽に健康を手に入れられるわけが無く、そんなものに頼ろうとする人は、非常に愚かですね。









プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。