スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.16投稿記事②

農業試験場

スーパーで売られている野菜や果物は、見た目はきれいで新鮮そうに見えても、実際には様々な問題があります。
大量の農薬や化学肥料で育てられた作物。
アメリカが持ち込んだF1種。
味や栄養価は、昔に比べグッと低くなっている事実。

新鮮な野菜をたくさん食べたら病気になったなんて、シャレにならないことまで起きているこの状況は、一体何によってもたらされたのでしょうか。
それを知るには、今の農家を支配している三大組織を知らねばなりません。

日本の農業に大きな影響を与えている三大組織といえば、農協、土地改良区、そして農業試験場です。
この三大組織があらゆる面から日本の農業を操ってきました。

僕は以前、農協と土地改良区の農家支配の構造を書きましたから、今日は農業試験場について書こうと思います。

農家が栽培している作物の種苗や栽培方法など、農家への技術支援や作育指導を行う公的機関が農業試験場です。
農業試験場には、国立と都道府県立がありまして、特に北海道には道立の農業試験場が多くあります。
北海道の農業試験場だけでも、
北海道立総合研究機構農業研究本部中央農業試験場
北海道立総合研究機構農業研究本部上川農業試験場
北海道立総合研究機構農業研究本部道南農業試験場
北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
北海道立総合研究機構農業研究本部根釧農業試験場
北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
北海道立総合研究機構農業研究本部花・野菜技術センター
とまあ、このくらいあります。

農家は農協によって栽培される作物などの銘柄や生産量、規格等を厳しく管理されています。
流通まで一手に握っている農協に逆らうことは、農家にとっては死を意味します。

そして、農協と組んで、農家に作物の種苗や育成法、それにあった土地改良の方法などを農家に実地指導してきたのが、農業試験場というわけです。

農薬や化学肥料を大量に使う現代農法は、農業試験場の指導によって、、全国の農家に普及していったのです。
それは昔ながらの循環型のコミュニティーを破壊する、正に亡国の道への指導でした。

知っている人は知っていますが、愛知県農業総合試験場では、遺伝子組み換え米の「祭り晴」が栽培されています。
この祭り晴は、モンサント社のラウンド・アップ耐性遺伝子組み換え米です。
農業試験場が誰のためにある組織か、このことからも分かるというものです。

農業試験場は公的機関です。
その運営費は我々の税金から出ています。
本来公務員とは、日本の公益のために働く“公僕”であるはずです。
しかし、農業試験場が行ってきたことは、ある意味農協や土地改良区よりも罪深いものであるといえるでしょう。







スポンサーサイト

2013.5.16投稿記事①

普段の食事

いつも健康と食事の関係を書いていると、よく人から「普段何食べているんですか」と聞かれます。
ご飯や飲み会の約束をしても、「どういうお店を取ればよいか、分からない」とも言われます。
でも、実際は僕は好き嫌いがほとんど無いから、何でも食べますよ。

常に理想的な食事ができるわけではありませんし、実際してもいません。
ただ、患者さんにもはっきりと伝えている通り、甘い物に関しては、天然の果物や栗、サツマイモなどを除き、一切口にしません。
それは本当にそうで、たとえランチのセットで出てくるデザートであっても、ほんの一口でさえも口にすることはありません。
そこは徹底しています。

また、家で作るご飯には、白米や精製された小麦で作ったパンや麺類は一切使いません。
ご飯を炊くときは玄米、パンを食べたいときは玄小麦を自家製粉して作る全粒粉パンを食べています。
ただ、これは外食では無理ですから、外食では白米も麺類も食べますよ。

僕が嫌いな食べ物は、カボチャです。
出されたら食べますが、無きゃ無いに越したことはないですね。
後、黒酢も苦手です。
あの匂いにやられます。

それ以外であれば、何でも食べますし、お酒もいける口です。
こう書いておけば、みんなも僕を誘いやすくなるでしょ?









2013.5.15投稿記事⑦

フッ素について

虫歯予防におけるフッ素について、こちらのブログが良くまとまっていると思います。
小さなお子さんを持つ人は、ぜひ読んでみてください。
http://plaza.rakuten.co.jp/ibracadabra/14000/









2013.5.15投稿記事⑥

オリゴ糖

日本人は薬好きで、健康食品好きで、機能性食品好きで、み〇もんた好きですね。
オリゴ糖だって、プレバイオティクスなんて横文字並べられると、とたんにありがたく感じてしまいます。
そんな横文字好きの日本人向けに、僕も名刺の肩書を歯科医師から、デンタルコンメンに変えようかしら?なんて思ったりして。

それでもって、オリゴ糖ですが、そもそもオリゴ糖って何のことだか知っていますか?
実は、以前の糖についての記事の中でちゃんと書いていますが、オリゴ糖とは、単糖が3~10個程度くっついた多糖の事です。
なので、単糖類、2糖類、オリゴ糖(3~10糖)、多糖類(10糖以上)となるのです。

オリゴ糖は、もともと母乳保育の赤ちゃんが下痢をしにくい事から見つかった糖です。
母乳保育の赤ちゃんの便からビフィズス菌が発見され、母乳中のオリゴ糖がビフィズス菌の増殖因子とされたことから、注目されるようになりました。

ですが、オリゴ糖は通常消化酵素で単糖まで分解され、小腸で吸収されてしまいます。
そして、ビフィズス菌は大腸において優勢の善玉菌です。
すなわち、オリゴ糖を摂っても大腸まで届く前に吸収されてしまうのです。
これでは、意味がありませんね。

ビフィズス菌に限らず、多くの菌が増殖の栄養として糖を要求します。
ビフィズス菌だけがオリゴ糖を要求するわけではありません。
そして、母乳にはオリゴ糖だけが含まれているわけでもありません。

母乳保育で大腸のビフィズス菌が優勢になる理由として、近年ラクトフェリンの存在が分かってきました。
ラクトフェリンは細菌から鉄を奪うことによって増殖を抑制する抗菌因子です。
ビフィズス菌は鉄の要求性が低いため、ラクトフェリンの存在下でも増殖が可能です。
このため、母乳保育の赤ちゃんは、大腸のビフィズス菌が優勢になるのです。

というわけで、オリゴ糖なぞは、母乳に含まれている分で、赤ちゃんにとっては十分であり、いわんや大人が一生懸命摂る必要がある物なんかじゃありません。
じゃあ、ラクトフェリンはどうだって?
…、どんだけサプリや機能性食品が好きなんだよ!






歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)



2013.5.15投稿記事⑤

敦賀原発

今日のニュースで敦賀原発2号機の下に活断層があると断定したとか。
日本原電側は徹底反発って、そりゃそうだ。
敦賀市長も、街の声も、原発が無くなると困るって…

本当に、お金に依存している連中は、ひどい有様ですね。
福島があんなふうになっているのに、現実が見えないのですかね。
そうやって、目先の金に目がくらんで、自分の財産や、郷土や、社会や、文化や、本当に大切なものが奪われているのに気づこうともしないんですね。
彼らの目のうつろさを見れば、麻薬中毒のジャンキーと全く同じなことに気づくでしょう。

お金中毒の人が、社会に蔓延している姿を見れば、砂糖中毒者と戦うと勇ましく宣言したことさえ、バカバカしく思えてきます。
依存症の人間は、他の依存性がある物にも依存しやすくなります。
これを、相互依存と呼びます。
ああいうお金依存の人間たちは、ギャンブル依存にもなりやすいため、そういう地域にはパチンコ屋がいっぱいあります。

高度にお金に依存し、他の物にも依存し、もはや人間としてまともな思考回路が無くなってしまった人たち。
こんな人間どもが社会に蔓延している姿は、まさにアメリカのドラマである、「ウォーキング・デッド」そのままですね。
あっ、だからアメリカではあのドラマは高視聴率の人気ドラマになっているんだ。
アメリカ人の方が、まだブラックジョークを理解するだけの思考能力は持ち合わせているみたいですね。









2013.5.15投稿記事④

依存

人間というものは、本当に依存しやすい生き物です。
ほとんど全ての人が、何らかの依存症といっても過言ではありません。
そう考えると、もはや依存というのは人間の本能であるともいえるのかもしれません。

最も多くの日本人が依存しているものといえば、やはりお金でしょう。
伝統的な生活を営む狩猟民族は、お金を持っていません。
お金の無い社会で生きている彼らは、お金に依存していませんから、人間にとって本質的にお金は絶対必要なものではありません。

しかし、我々が生きる現代社会は高度にお金に依存する社会となってしまったために、お金なしには生きていけません。
そして、お金は与えるほどに人を依存させます。
かくして現代社会では、お金を持つ者が、持たないものを意のままにコントロールできる世の中となったのです。

食べ物もそうです。
食べ物を得るための努力の代わりにお金を出せば、労無くして食べ物が手に入る。
労無くして手に入れば、その食べ物に依存するようになります。
労無くして手に入る食べ物に毒が盛られていたとしても、依存しているがゆえに拒否できません。
かくして我々は、食品添加物や農薬まみれの食品を、無批判に受け入れるようになったのです。

自分が働かなくても、誰かがお金をくれればその人に依存します。
親が金を与えてくれれば、子供は働かなくなります。
政府が金を与えてくれれば、政府に依存するようになります。
人は目の前に危機が訪れなければ、危機には気づきません。
いや、気づこうとしません。
依存しているがゆえに、思考しようとしなくなりますから。

政府や大企業などは、人の依存性を巧妙に利用します。
自ら考えることが無いように、価値観や解釈まで与えられます。
朝のニュースを見ていると、あなたの代わりに事件や出来事に関する解釈を説明してくれるコメンテーターがちゃんと用意されています。
ですから、日本国民の頭の中は空っぽで良いのです。
そして大多数の国民は、自分の頭の中が空っぽにされていることにすら、気づいていません。

自分が置かれている環境を冷静に見つめ直し、自らの頭で考え行動するようになること。
これが、依存からの脱却の道であり、支配からの脱却の道なのですが…
気付いていただけますでしょうか。









2013.5.15投稿記事③

代診が居つかない理由

僕はとっても心優しくて、代診には温かく接しているはずなのですが…
何故か、代診の先生が居ついてくれません。
これには色々な原因があるのでしょうが、その一つに根管治療(歯の神経の治療)があると思います。

当医院では、保険診療に関しては、当院独自の診療マニュアルを制作することで、治療を標準化しています。
そのマニュアルは、もう本当に細かく手技が決められています。
当医院において、マニュアルは絶対なんです。

あらゆる治療が質重視で細かく決められていますが、根管治療においては、Pathways of the Pulpに準じて手技が標準化されています。
根管拡大、根管形成、根管洗浄、根管充填。
特に、根管充填法は垂直加圧しかマニュアルに書いていません。
ですから、代診の先生はまず、垂直加圧根管充填法をマスターしなくてはなりません。

これは、代診の先生にとってはかなりのハードルのようです。
僕は、「マニュアルは絶対、出来なきゃクビ」と、つらっと言ってのけますから、代診の先生は追い詰められていきます。

でも、ドクターは治療に責任を負う立場なのだから、当然ですよね。
それに、抜髄は2回、感染根管は多くても3回までという治療回数の制限があります。
時間も限られた中で、垂直加圧まできっちりこなすのは至難の業のようです。

それでも何とか垂直加圧をマスターしても、ウチ以外の歯科医院では、垂直加圧の技術など、全く役に立ちません。
ウチの治療は、いわゆる”つぶしの効かない”治療ばかりですから。

かくして、それに気づいた代診は、離れていってしまうというわけです。
みんな口では、「勉強したいです」なんて言うけど、本当に勉強したいと思っているやつが来た試しはありません。

そんなわけですから、皆さん町の歯医者にまともな治療なんて、期待しない方が良いですよ。
僕はとっくに、この業界に失望していますから、だから予防歯科しか無いなって思っているんです。









2013.5.15投稿記事②

バナメイエビ

安い外食チェーンなどで出てくるエビの天ぷらやエビフライのエビは、東南アジアで養殖されているバナメイエビというエビです。
昔は東南アジアでのエビの養殖といえば、ブラックタイガーが定番だったのですが、養殖のしやすさと歩止まり率の高さから、最近はバナメイエビが主流になっています。

エビの養殖はどうやって行われているのかというと、養殖池で養殖されています。
エビ養殖池には、粗放養殖と集約養殖の2種類があり、集約養殖では、病気の発生を防ぐために、大量の抗生物質が与えられています。
また、配合飼料やエビの糞尿によって、養殖池は汚染され、数年使用すると養殖が続けられなくなるために、放棄されます。

この養殖池を作るために、マングローブの森を切り開くので、深刻な環境破壊が起こっています。
エビは美味しいですが、人間が養殖しだすと、とたんに自然を破壊しだすんですね。
本当に人間とは、罪深い生き物です。

バナメイエビはクルマエビの一種ですから、大きくておいしいエビです。
ですが、養殖の実態を知ったら、食べたくなくなるでしょう。

ちなみに、以前ハワイのカフクで養殖されているエビを食べましたが、臭くてもう二度と食べたくないと思うような味でした。
エビの養殖は、いただけないですね。









2013.5.15投稿記事①

ミネラルの吸収

人間の体にとって、ミネラルは必要不可欠です。
カルシウムや鉄、亜鉛、マグネシウムなどなど、様々なミネラルが必要です。

しかし、これらミネラルは生体にとっては非常に吸収が悪く、せいぜい摂取量の20%くらいしか吸収できません。
吸収効率を高めるためには、タンパク質と結合している状態の方が吸収しやすいため、動物性食品で摂取すると良いでしょう。

貴重なミネラルの吸収を妨げる要因としては、食物繊維やフィチン酸といったものや、リンが多い食べ物などがあります。
以前牛乳のカルシウムの吸収率が悪い理由に、牛乳にはリンが多く含まれていることを示しました。
リンの多いものをたくさん摂る人は、ミネラル欠乏を起こしやすいのです。

では、リンはどういった食べ物に多く含まれているのでしょう。
これは、実は食品添加物としてのリン酸塩として含まれている量が非常に多いのです。
食品添加物としてのリン酸塩は、ソーセージ、ハム、缶詰、めん類、ソース、清涼飲料水などに含まれています。
気になる方は、食品表示をチェックして下さい。

というわけで、加工食品ばかり食べている人は、リンの過剰摂取となって、ミネラル欠乏になってしまいます。
鉄が足りない、カルシウムが足りない、亜鉛が足りない、などといってはサプリメントを飲む。
そんなことをする前に、普段食べているものを見直さなきゃ、ダメでしょ!






歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)



2013.5.14投稿記事

日本の現状

日本では20歳以上80歳未満において95%の人に治療済みも含め、何らかのむし歯があります(平成23年歯科疾患実態調査)。
これは、日本の歴史上、最も多いむし歯罹患率なのです。これほどまでに高いむし歯罹患率が、過剰な歯科医院の経営を支えているのですね。
むし歯だけではありません。歯周病の罹患率も高く、日本人の30歳以上80歳未満の86%が何らかの歯周疾患や欠損歯を持っています(平成23年歯科疾患実態調査)。
不正咬合の発現頻度も高く、12歳以上20歳未満で叢生のある者は約44%(平成23年歯科疾患実態調査)もいます。

このように、日本人の口腔内は歴史上最も病気だらけになっているのです。
これは相当に異常なことだと思いませんか。

これほどまでに現代では歯科疾患が増加しているにもかかわらず、何ら有効な予防は行われていません。
いや、有効な歯科疾患の予防法をなんら行ってこなかったから、こうなったともいえます。

というわけで、まずは皆さん日本の歯科医療の現実を知りましょう。









プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。