スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.6投稿記事①


野生動物

世界の先住民族にとって、特に貴重な食料は肉や海産物です。
菜食主義で健康な肉体を維持している先住民族は、古今東西存在しません。
予防歯科を探求するうちに、なぜか先住民研究みたいになっていますが、単なる予防歯科の探求以上に先住民の生活を知ることは面白いですね。

さて、健康な動物性食品を摂りたいのなら、畜産物や養殖物を避け、天然物や野生動物の肉をいただくのが一番です。
そういうことを言うと、野生のシカやイノシシの肉なんて、滅多に手に入らないじゃないかって言われます。
そんな僕も、北海道に住んでいた時でさえ、野生のエゾシカの肉を食べるのは年に一回あるかないかでした。
魚であれば、青魚をはじめ、天然物は比較的手に入りやすいんですけどね。

そんな訳で最近我が家の食卓に登場する機会が多くなった肉は、“クジラ”の肉です。
クジラは古くからイヌイットがよく獲って食べていたことは知られていますが、日本でも昔から貴重な肉として、食されてきました。
現在でも、調査捕鯨という限定されたものではありますが、捕鯨は続いていて、スーパーなどでも比較的手に入りやすくなっていますね。

このクジラの肉は、非常にヘルシーで健康な肉というだけでなく、脂もまたオメガ-3不飽和脂肪酸が豊富で体に良いのです。
ビタミンD3やビタミンEなど、脂溶性ビタミンも豊富で、正に天然のサプリといえるものです。
食べ物は全体でいただくのが非常に重要ですから、クジラの内臓もゲットできればぜひトライしてみてください。

でも、海洋動物には水銀などの重金属の蓄積が…、なんて心配される方もいるかもしれません。
母なる海が汚染されて、クジラもまた汚染されているのなら、どのみち我々の行く先も長くはありません。
また、クジラを食べるのはかわいそうだとか、シー・シェパードを応援しているだとか、ワケ分からんこと言う人もいますが、そういう人はアメリカからお金貰って、日本人にクジラではなく、アメリカ産牛肉を食わせようとしているだけなので、単なる売国奴として相手にしなくて良いです。

日本には、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」、略して鳥獣保護法とか、狩猟法とかいわれている法律があり、野生動物を勝手に獲ってはいけません。
健康な命をいただくことで、健康な体を維持できるのだから、数少ない野生動物の肉を食べるチャンスを有効に生かしてくださいね。

2013.6.5投稿記事③


メディシン・マン

ネイティブ・アメリカンの社会における医者というのは、いわゆる“メディシン・マン”と呼ばれます。
メディシン・マンは、病気の人に草や木の皮などを煎じた薬を飲ませたり、神に祈りをささげる歌を歌ったり、儀式を行ったりして病気を治します。
西洋文明に染まった人から見れば、なんて非科学的なんだと思うかもしれませんが、西洋医学よりも治癒率は高かったと推測できます。
信じない人は、信じないでしょうけどね。

そして、メディシン・マンにおいて最も重要なことの一つは、彼らの治療は無報酬であったという事です。
これがなぜ重要なのかというと、治療者が報酬を受け取るようになると、治療者は報酬を求めるようになります。
より多くの報酬を望むという事は、より多くの患者を望むという事になります。
メディシン・マンが無報酬なのは、社会に患者が蔓延しないためのネイティブ・アメリカンの知恵なのです。

そこで我々が生きている現代社会を振り返ってみると…
報酬目当ての人たちが、今日もせっせと患者づくりに勤しんでいるのが、あなたには見えませんか?

2013.6.5投稿記事②


本当の政治

多くの日本人は今の政治に期待することとして、真っ先に経済のことを挙げますが、政治が経済を中心に考えるようになれば、その国は終わりです。
はっきり言って、国は経済の事なんぞに口出しすべきではありません。
国は国民の生命や財産の保証や、インフラの整備・維持、独立国家としての自存・自衛を担えば良いのです。
多くの日本人は、メディアに騙され過ぎです。
僕みたいに、テレビなんて視なきゃいいんです。
そうすりゃうっかり騙されることも少なくなりますよ。

それなら本当の政治というものはどういうものか、またまたネイティブ・アメリカンの言葉から引用しましょう。

 私たちの生き方では、政治の決め事は、いつも七世代先の人々のことを念頭におきながら行われる。これからやってくる人々、まだ生まれていない世代の人々が、私たちよりも悪い世界で暮らしたりすることのないように、できればもっと良い世界に生まれてこられるように心を配るのが、私たちの仕事なのだ。私たちが母なる大地の上を歩くときに、いつも慎重に一歩一歩進むのは、これから生まれてくる世代の人々が、地面の下から私たちのことを見上げているからだ。私たちはそのことを、片時たりと忘れない。
        オレン・ライオンズ(オノンダーガ族) 1990年

2013.6.5投稿記事①


サーモン

回転ずしの定番ネタといえば、サーモンですね。
脂の乗ったサーモンのお寿司は、とても美味しいですから。
サーモンといっても日本で獲れる銀鮭や紅鮭とは種類が違います。
回転寿司で出されているサーモンは、“アトランティックサーモン”といって、養殖のサーモンです。

主にスコットランドやノルウェー、カナダ東岸で養殖されているサーモンは、狭い養殖いけすで飼われているため水質汚染がひどく、そのために病気も発生しやすくなります。
そのため、餌に抗生物質が混ぜられています。
また、サーモンというのは白身の魚ですから、養殖ではグレーがかった白身や、黄白色の身になります。
天然のサーモンの身の色がサーモンピンクなのは、食べている餌の色素が沈着するからです。
ですので養殖サーモンは身をピンクにするために、餌に色素を混ぜて着色しています。

この色素はカンタキサンチンという色素で、ラットの長期毒性試験で肝毒性(肝細胞の肥大や空胞化)が認められている、毒性物質です。
最近はこの毒性により、より高価なアスタキサンチンを用いるところもあるようですが、このアスタキサンチンについても長期毒性試験が行われていないため、毒性が疑われています。

養殖サーモンは、天然サーモンよりも10倍以上も毒性物質の沈着があるという報告もあるので、回転ずしでサーモンを食べるのは、ほどほどにしておいた方が良いでしょう。
そもそも、精製された白米に砂糖たっぷりの寿司酢を混ぜ込んだシャリの上に、どこで獲れたものだか得体の知れないネタを乗せた寿司を、喜んで食べているのはどうかと思いますよ。

2013.6.4投稿記事③


薬のネット販売

薬のネット販売に異を唱える人が多くいるようですが、自民党が政権を取ったのだから、当然の成り行きです。
日本は民主主義の国で、政府は民意を反映しているはずですからね。

薬のネット販売が解禁されることによって、薬がもっと売れるようになります。
製薬会社は儲かりますよね。
しかも、西洋医学の薬とは全て毒であり、症状の一時的な緩和のツケは、後でもっと深刻な病気となって払わされます。
そうなれば、病人が増え、病院が儲かり、さらに薬が売れ、製薬会社が儲かるという、好循環が生まれます。
この場合の好循環とは、もちろん疾病利権の享受者側にとってですが。

皆さん覚えていますか?
政府は医療・介護・健康関連産業を成長分野と位置づけていることを。
そのための施策として、薬のネット販売解禁は当然の流れでしょう。

しつこく書きますが、これは我々国民の多数派が望んだことなのです。
今の総理、今の政府はあなた方の願いをかなえるために政策を行っているに過ぎません。
国民をもっと奴隷化し、搾取し、病気にし、金にどん欲にさせ、売国奴の手先にさせる政党を与党にしたのは、日本国民ですからね。

2013.6.4投稿記事②


妊娠前の特別な栄養

自然とともに生き、健康な命をいただくことによって健康な肉体を保っている先住民族であっても、妊娠前の女性は6ヶ月間、特別な栄養を摂ります。
いくつかの民族は、男性もまた、結婚前に特別な栄養を摂ります。
医学の発達していない伝統的な先住民社会で、心身ともに健全で、健康な赤ちゃんを授かるために、彼らもまた為すべきことを為しているのです。
先住民社会では、子供の先天異常や発育障害は、全て親のせいとされます。
これは彼らにとっての真理です。

自然とともに生きる先住民族には、むし歯も、歯周病も、不正咬合もありません。
であるのなら、むし歯も、歯周病も、不正咬合も、人間にとって本来存在しない病気なのです。
野生動物にもまた、これら口腔疾患が無いのと同じ理由です。
ですから、これら口腔疾患は全て避けようと思えば避けられるものであり、もしなってしまったのなら、それは自業自得というものです。
毒親やグーミンはこの事実を決して受け入れようとはしませんが、そんな輩は勝手に滅べばよろしい。

さて、健康な肉体を維持するためには、健康な命をいただくというのが先住民族の考え方です。
そして、野生動物の活力の源は、その内臓に宿ると先住民族は考えます。
すなわち、心臓であったり、肝臓であったり、脾臓であったり、副腎であったりするのです。
そういう部分を、妊娠前の女性は特にしっかりと食べるように、指導されます。
魚であれば、内臓もそうですが、次の新しい生命が宿っている部分、すなわち魚卵を特別な食料とみなします。
ちなみに魚の白子の部分は、結婚前の男性が取るべき特別食とみなされます。

また、アボリジニーであれば貴重な食料であるエミューの卵には、特に優れた栄養が詰まっていると考え、それを特別な栄養を必要とする人に優先的に食べさせてきました。
このように先住民族は民族の健全性を維持するために、彼らにとって出来る限りの予防を行っているのです。

そんな予防的な栄養強化食など何もしなかっただけでなく、生まれてきた子供に平気でワクチンやクスリなどの毒を盛る親など、日本民族の恥ですね。
でも、本当に悪なのは、日本民族が正しい知識を得て健康に生きられないように、ウソの情報を流布している人たちなんですけどね。

2013.6.4投稿記事①


健康な食べ物

結局健康に生きるということは、そんなに難しいことではありません。
健康に生きる生き方を実践せずに、病気になってから救われようとするのは、僕に言わせれば非常に滑稽なことです。
病気になるのは偶然でもなければ、避けられないものでもありません。
病気とは、なるべくしてなるのです。

そして、年をとれば体が悪くなり、歯が悪くなり、病院にかかるようになり、介護が必要になる、何ていう考えも全く間違っています。
確かに年をとれば体は衰えるでしょう。
若い頃のようには活動できなくなるでしょう。
しかしそれでも、病院が必要だとか、介護が必要だとかになるわけではありません。
そもそも、昔々は病院など無かったし、伝統的な生活を営む先住民に、介護が必要な老人がいるという話を聞きません。

人間年相応の健康というのは、あるのが当たり前なんです。
年相応に動け、活動するのが当たり前なんです。
そして、そうなるためには食べ物に気をつける必要があります。

人間が健康でいるためには、健康な生き物の命をいただくことが大切です。
動物であれ、植物であれ、健康な命をいただいていれば、あなたもまた、健康でいられます。
命というのは繋がっているのです。
生命の輪が健康であれば、その輪の全ての命もまた、健康でいられるのです。

あなたが食べているそのお肉は健康ですか?
牛肉であれば、牛本来の食べ物である牧草を食べて育った牛ですか?
その牛が食べていた草もまた、農薬や肥料などが添加されるような、汚染された土壌で育てられた草ではなく、健康な大地で育てられた草ですか?
抗生物質や成長ホルモンなどの薬品を投与されてはいませんか?
保存料や香料や着色料などの毒を混ぜられてはいませんか?

あなたが食べているその野菜は健康ですか?
健康な大地で育てられた野菜ですか?
健康な土と、日光と、きれいな水で育てられた野菜ですか?
農薬や化学肥料で汚染された土壌で育てられてはいませんか?
収穫後、農薬や塩素や防腐剤、防カビ剤などで汚染されていませんか?

汚染された土地で育ち、毒をいっぱい添加された食品を食べるから病気になるのです。
健康な土地や海で育った動植物を、その生命の恵み全てをいただくように食べることで、あなたの体も健康でいられます。
毒まみれの食べ物ばかり食べていて、健康になりたいだなんて、おこがましいにもほどがありますよ。

2013.6.3投稿記事


成長分野

政府は医療・介護・健康関連産業を成長分野と位置づけ、経済成長と雇用創出が見込めるとか何とか…
皆さんは、これを聞いてイラッてこないのでしょうか。

だって、医療の分野が成長するという事は、病人が増えるって事ですよ。
介護の分野が成長するという事もまた、要介護者が増えるという事。
健康関連産業が成長するという事は、健康じゃない人が増えるっていう事。
成長するという事は、それらを必要とする人たちが増えるって事なんですよ。

こんなことをシレっといってのける政府に、何も感じないのだとしたら、相当洗脳されていますね。
政府がこうもはっきりと“成長させる”っていってるんだから、国は本気で病人をたくさん作ろうとしてくるんですよ。
なぜこんなことをいう政府を支持するんですかね。
そんなに病気になりたいんですかね、皆さんは。

医療なんて、無きゃ無いに越したことはないんです。
病気にならない方が良いに決まっているんです。
そして、正しい知識を身につけ、実践すれば世の中に蔓延している病気のほとんどを避けることができるんです。

僕は歯科医師ですから、歯科疾患の予防という立場でしか語ることはできなせんが、予防歯科の実践は、とどのつまりが人間本来の健康を手に入れること。
病気にならない生き方の実践という事なんです。

世の中に病気が蔓延することで利益を得る構造を、“疾病利権”と呼ぶことは前にも書いてきました。
その疾病利権の親玉が、日本の政府であり、国ぐるみだってことがいかに恐ろしい事か、多くの日本国民に知ってもらいたいですね。

2013.6.2投稿記事


痛い目にあう

私事で恐縮ですが、土曜日の飲み会で飲み過ぎてしまって、昨日は一日中二日酔いで大変でした。
お酒は過去に何度も痛い目にあっている僕ですが、学習しないところは変わらないですね。
しばらくは反省しているのですが。

健康に関するお話をいつも書いている僕ですが、僕自身、昔からずっと健康に気をつけて生活していたわけではありません。
いや、むしろ不健康極まりない生活を送ってきました。
さすがにたばこは吸っていませんでしたが、食事はジャンクなものが大好きだったし、甘い物も良く食べていました。
これで病気にならない方がおかしいってほどに乱れた生活を送っていて、実際病気になってしまいました。

本当に死にかけるほどの病を得、入院することになっても、その病気の原因を知ることはできませんでした。
分からないから回復すればまた元の生活に戻り、良くなったり悪くなったりを繰り返しました。
薬は常に飲み続け、このまま一生薬を飲み続けるのだと半ばあきらめていました。

そんな折、予防歯科を当クリニックで実践していこうという事になり、本質的な予防歯科とは何かを模索するようになりました。
そうやって思索を深めていくうちに、歯磨きはむし歯を予防しないこと、フッ素も虫歯を予防しないこと、そして何より大切なことは、お口の中の疾患は消化器官の入り口の疾患であり、全身の問題の一症状であるにすぎないのだという事が分かってきました。

そして予防歯科をお客さん(患者さんじゃないので)に提供する前に、まずは自分で実行してみなければと思い、自ら実践し始めました。
そうすると、しばらくしてずいぶんと調子が良くなってきたことに気づきました。
一生治らないといわれていた病気も良くなって、薬も必要なくなりました。
だからこそ、僕は自信を持って人に勧めることができるのです。

でも、こういう話を真剣に聞いてくれる人はなかなかいません。
他の歯医者とあまりにも違うことを言うものだから、なかなか信じられないようです。
聞いてくれる人はといえば、お口の中のみならず、全身的にも深刻な病を得ているような人が多いですね。
人は、痛い目にあわないと、自分を見つめ直すことができない生き物なのでしょう。

2013.5.31投稿記事②


漬物

内海先生の新刊「医学不要論」にも出てくるフレーズである、「ご飯に必ずそえられている漬物」というのが、妙に気になる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
確かに、定食をを頼めば必ずそえられていますし、牛丼には紅ショウガが欠かせないですし、カレーには福神漬けがそえられ、ハンバーガーにはピクルスが挟まっています。
日本人は漬物が大好きのようです。

日本の食文化においては、漬物は古くから作られてきた伝統食です。
昔は家庭で作ることが多かったので、多くの人にとっては“おふくろの味”でもありますね。
実際僕も、梅干しとお味噌はおふくろの手作りで、たくあんやニシン漬けなど、季節の漬物も多く食べてきました。

そんなお漬物ですが、そもそも漬物とは保存食です。
伝統的な食品の保存法は、世界的に見ても、塩蔵、乾燥、発酵の三つが主流です。
たくあんなんてのは、塩蔵と発酵(製造過程で乾燥も)を用いた保存食ですね。

しかし、今日市販されている漬物の多くは、伝統的な製法によって作られていません。
現代の漬物は添加物まみれであり、実は市販されている加工食品の中でも、添加物の使用料がワースト3に入るほどなんです。
こんなこと聞くと、食欲無くなりますよね。

実際漬物に使われる添加物は、化学調味料やソルビン酸、酸化防止剤、PH調整剤、酸味料、着色料などです。さらに甘草やステビアなどの甘味料を使って、味をごまかしているものもあります。

これほどまでに添加物が使われる理由としては、製造工程を簡略化するため、減塩にするため、素材の野菜の品質をごまかすためなど、色々な理由があります。

まず、製造工程の簡略化ですが、漬物は保温食ですから、漬けこんで時間が経って初めて旨味が出てきます。
でも、工業的な大量生産では悠長に時間などかけてはいられません。
ですから、添加物まみれの調味液につけて、たくあん風だとか、シバ漬け風の漬物に仕立てているのです。

また、漬物は本来高い塩分濃度によって食品を保存する技術ですが、昨今塩分は体に悪いなどという、医療界が疾病利権のために刷り込んだ巧妙なウソによって、避けられるようになってしまいました。
そのため、減塩の漬物などを作るようになったのですが、塩分が少なければ腐りやすくなります。
そこで、防腐剤を添加したり、元の野菜の塩素消毒を徹底したりするようになりました。
これで減塩だから、体に良いですって?バカ言っちゃぁいけませんね。

更に、漬物の原料は通常の流通には乗らない様なクズ野菜だったりします。
痛んで黒くなっていたるするので徹底的に漂白し、その後たっぷりと着色します。
原産地や製造途中の添加物を隠すために、キャリーオーバーを巧みに利用して、食品表示義務をかわしたりしています。
いや~、食品業界も、やりたい放題ですね。

そんなものを“必ず”添えないでいただきたいと、いつも思いながら、それでも完食してしまう僕でした。
プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。