スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.25投稿記事②

医者の選び方

病気になって医者にかかるとき、良いお医者さんにかかりたいお思うのはみんな同じでしょう。
誰だってヤブ医者は避けたいところです。

しかし、どの医者が名医で、どの医者がヤブかなんて、どうやって見極めたら良いのでしょうか?

僕は歯科医師ですので、歯科に関しての見極め方というのはあると思います。
まあ、迷医が名医を語るというのもおこがましいのですが…

僕は名医とは、
「名医とは、己の存在を否定する者である」
と考えます。

どういう事か説明しますと、まず医療とは患者さんに対し為されるものです。
患者とは、疾患を持つ人のことを指します。
すなわち医療とは、疾患を持つ人がいて初めて成り立つのです。

疾患を治療する技量は確かに人によって大きな差があります。
しかしどれだけすぐれた治療を行ったとしても、疾患に至る原因が取り除かれていなければ、すぐに再発し増悪していくでしょう。

疾患に対する治療は大切ですが、何より大切なのは疾患に至る原因を突き止め、その原因を取り除くことです。
そうして疾患の原因を明らかにし、その疾患を避けるためにどうすれば良いのかという知識を広く一般に広める者こそが、僕は名医であると考えます。

そすやって活動していけば、広く疾患に対する予防の知識が広まり、患者となる人を減らしていくことができます。
患者が減り居なくなってしまえば、もはや医者は必要ありません。
そう、予防のために活動すると、医療を為す者としての医者の存在意義が無くなるのです。

というわけで、名医とは己の存在を否定する者と、僕は考えるのです。

歯科において、日常臨床で最も多く遭遇する疾患は、う蝕(むし歯)です。
そしてこれは、糖質(砂糖や異性化糖)の過剰摂取が原因だと分かっています。
だから、う蝕を持つすべての患者さんには、ウチでは必ず、
「むし歯の原因は砂糖である。歯磨きはむし歯を予防しない。」
と、はっきりと伝えています。

この正しい知識が広く普及すれば、むし歯で悩む患者さんを大幅に減らすことができるでしょう。
残念ながら、そういう事を患者さんに伝えている歯科は、僕の知る限り極めて、非常に極めて少ないのですが。

僕は迷医であり、決して自分を名医とは思っていません。
でも、世の中から少しでも患者さんを減らしたいから、正しい知識を発信し続けています。
悪い歯医者に騙されないように、皆さんも気をつけてください。
今までかかった歯医者の中で、上のセリフを言ってくれた歯科医院はありましたか?
もしあれば、それこそがあなたを本当に救おうとしてくれている所ですよ。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。