スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.13投稿記事①

窒素固定が変えたもの

地球上に70億人もの人間が生きているという事、これは実はものすごく異常なことです。
ハーバー・ボッシュ法が発明されたほぼ100年。
この間に新たに作られた固定窒素は、それまで自然界に存在していた固定窒素の量を上回ります。
これがどれだけ大変なことか、皆さんはピンと来ないでしょう。

46億年前に地球は誕生し、40~38億年前に生命体が誕生したと言われています。
そして、窒素固定技術が出来る前まで、地球上の固定窒素量はほぼ一定でした。
これが地球上の生命体の量を規定し、自然界の生態系を支配する法則になっていました。
固定窒素は地球上のすべての生命体の総量を規定するものだからです。

これが、100年ほどの間に倍以上になったのです!
そして今もどんどん固定窒素は作られ続けています。
これが自然界に与えるインパクトは皆さんの想像をはるかに超えているでしょう。

かつて無いほどの農産物の生産は、固定窒素のおかげです。
しかし植物は窒素だけを栄養にして育つわけではありません。
土壌中の窒素は農作物だけを成育させるわけでもありません。

固定窒素やその他の栄養素を科学的に合成し、どんどん農地につぎ込んできました。
雑草や病害虫にとっても土壌が豊かになれば猛烈に増えます。
そのため、農薬も大量に使用されるようになりました。

大量にまかれた化学肥料は土壌流出と共に川や海に大量に流れ込みました。
川や海に大量に流れた窒素が、川や海を汚染していきました。

空気中に発散される窒素酸化物も激増し、大気は汚染されました。

こんなにまで自然界の摂理を捻じ曲げてしまった結果、もう後戻りは出来ない状況になっています。
もはや100年前の地球には戻れないのです。

二酸化炭素が地球を温暖化させている張本人だ、などという話は全くのデマですが、固定窒素の問題は相当に深刻な問題なんです。

ちなみに、アンモニアをベースに作られるニトロ基は、ニトログリセリンやトリニトロトルエン(TNT)などを大量に作ることを可能にしました。

第二次世界大戦で我々が知ったことの一つは、窒素固定の技術は、爆弾や火薬を無尽蔵に生み出せるという事でもあります。
だからこそ、かつてない惨禍を人類にもたらしたのです。

このように、完全に自然の摂理を捻じ曲げてしまった今、昔のような社会を取り戻すことは出来ません。
そんな時代を生きる我々が、健康で豊かな人生をどうやって手に入れるか?

それは僕にだって分かりません。



歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。