スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.17投稿記事

個人差について

人間は生まれ持った能力や体格、知能や免疫力などに個人差があります。
同じ両親から生まれた子でも、知能に差があったり、身長が違っていたり、運動神経が違っていたり、性格までも全然違います。
これは親が意識的にコントロールできる類のものではありません。

むし歯のなどの予防に関し、疫学的調査が行われています。
その多くが、むし歯のある人たちを集めた集団と、むし歯の無い人たちを集めた集団との比較研究です。
しかし、これには大きな問題があります。

むし歯がある人、無い人が同一の社会に属する集団の中で、疫学的研究は行われます。
しかしこのスタイルの研究で、有益な事実は見つけることは出来ません。

なぜかというと、人には個人差があるからです。

ある家族集団の中で、ある子供にはむし歯があり、別の兄弟にはむし歯が無かったします。
これは珍しい事でも何でもなく、良くある光景です。

むし歯のある子も、むし歯の無い子も同じ家族です。
同じ家族なので、同じ屋根の下で生活をし、同じものを食べています。

むし歯のある子供が食べているものは、同時に虫歯の無い子が食べているものでもあるのです。
だったら、どういう食生活が虫歯になって、どういう食生活が虫歯にならないかなんて、分かりっこありません。

疫学において意味があるのは、この個人差を排除した状態での比較しかありません。
すなわち、むし歯の多発している集団と、むし歯のほとんどない集団との比較です。
社会背景が同一で、食文化の傾向も近い集団を丸ごと抽出することで、個人差の影響を排除することができます。

この疫学的調査の欠点は、むし歯のほとんど、あるいは全く無い集団というのを見つけることが、非常に困難なことにあります。

でも実は、今から約90年前に実際にそんな調査を行った人がいるんです。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。