スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.1.3投稿記事

鼻中隔軟骨

鼻中隔軟骨は上顎骨の成長中心として、重要な働きを持ちます。
特に、上顎骨の側方の成長に大きな影響を与えます。

鼻中隔軟骨が上顎骨の成長に与える影響を考えるとき、犬が良い例となります。
ほとんどのテリアやブルドックは、軟骨無形成症(achondroplasia)の遺伝子を持っています。
このため、あの独特のくしゃっとした顔立ちになるのです。
これは、鼻中隔軟骨の形成不全によって起こります。

骨の形成と軟骨の形成では、栄養障害があった場合の様相が違います。
一般的に、骨形成時に必要な栄養が不足している場合、その大きさには影響が出にくいのですが、骨密度が疎になったり、厚みが薄くなるといったことが起こります。

一方で、軟骨の場合は栄養不足によって形成そのものが阻害されます。
すなわち形成不全が起こるため、正常な大きさに成長できなくなるのです。

軟骨の成長に鉄は特に必要なミネラルであるという事は以前書きました。
そして、人間は鉄の吸収が難しく、どんなに良い条件でも30%を超えて体内に取り込むことは出来ません。

そして、消化管が未発達である6歳までは、特に鉄を食事から取り込むことが困難です。
しかし一方で、6歳までに脳はほぼその大きさにおいて成長を完了し、上顎骨の幅径の成長も9割がた終了します。

そうであるから、胎児は母体から出生までにありったけの鉄をもらって生まれてくるのです。

もし、妊娠時の母体に十分な鉄が無かったとしたら…
出生後にこのハンデをカバーすることは、ほぼ不可能なのです。

というわけで、不正咬合は遺伝ではなく、環境要因によって起こります。
この環境要因とは、主に妊娠時の母体の栄養状態(と、恐らく父親の栄養状態も)が、密接に関係しています。

不足することで大きな問題が起こる栄養素は、何も鉄だけではありません。

一般的に、妊娠時、授乳時、成長期、病中・病後の回復期などは、通常時に必要な栄養以上の特別な栄養を必要とするとされています。
その量は、通常時の2~4倍と、一般的には言われています。

伝統的な生活を送る原住民の多くは、結構前の女性に6か月間特別な栄養を摂らせます。

不正咬合は予防可能であり、その予防は妊娠前から始めなくてはなりません。

真の予防歯科とは、こういう知識を啓蒙し、実践していくことをいうのです。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。