スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.4.17投稿記事

デンタルフロスについて

当医院では、患者さんにデンタルフロスの使用を勧めていません。
その理由は、単刀直入に言うと、意味が無いからです。

まず、隣接面のう蝕予防効果について。
Dental flossing and interproximal caries: a systematic review.
Hujoel PP, Cunha-Cruz J, Banting DW, Loesche WJ.
J Dent Res. 2006 Apr;85(4):298-305.
によると、プロが毎日フロッシングすると、効果はあるようですが、3か月に1回や、自分で毎日行った場合には、有効であるとは言い切れない、ということです。
プロが毎日フロスするなんて、現実的ではありません。

次に、歯周病の予防効果について。
Rindhe 臨床歯周病学とインプラント 第4版(臨床編)497-498P
には、「適切に使用すれば、きわめて効果的にプラークを除去できるが、歯間部の歯周組織を維持している成人患者が、日常的にフロスを行うべきであるという証拠はない(BurtとEklund 1999)。最後に、アタッチメントロスにより歯間隣接空隙が開いている場合には、他の歯間清掃用具の方がデンタルプラークを最適に除去できる。」
とのことです。

というわけで、当医院では開院以来、患者さんへの口腔衛生指導において、決してフロスを勧めるようなことはしません。
もし患者さんにフロスを勧めている歯科医師、歯科衛生士がいらっしゃるなら、何を根拠に勧めているのか、ぜひ教えていただきたいです。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。