スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.2.6投稿記事②

ダイエットのウソ

テレビや雑誌を見ていると、ダイエット関連の記事や広告が非常に目につきます。
皆さんそんなに痩せたいのですか?
大丈夫、人間いつかは皆痩せると、綾小路きみまろも言っているではありませんか。
何をそんなに頑張って、ダイエットに精を出す必要があるのでしょう。

結論から言ってしまえば、ありとあらゆるダイエット法というものは、全て意味がありません。
それらのダイエットに関する知識は、全くもって見当はずれの大嘘です。
頑張って取り組めば取り組むほど、ますます体がおかしくなって、壊れていきます。
お金と時間と労力をつぎ込んで、ますます健康が破壊されていく。
そんなバカなダイエットなど、さっさと止めてしまいなさい。

大体、根本的なところから皆、間違っています。
ダイエットしている人、しようと思っている人は、多かれ少なかれ、自分は肥満だと考えている人たちです。
自分は太っている、だから痩せたいと考え、ダイエットへと走らせます。
しかし、肥満とは不摂生や食べ過ぎによって起こっているわけではありません。

肥満とは、病気の一症状でしかありません。
その病気とは、耐糖能障害(糖代謝障害)、いわゆる低血糖症です。
さらに、進行して糖尿病を発症している人もいます。
これら、糖代謝に関する障害による疾患の一症状として、肥満があるのです。

ですから、肥満があるからダイエットしようという発想そのものが、大きな間違いなのです。
正しくは、低血糖症だから症状として肥満になっている、だから低血糖症を治そう、という発想にならなければいけないのです。
物事の本質を理解していないから、ダイエットできないんです。

低血糖症とは、もう何度も書いてきましたから僕の過去のウォールを読むなり、自分で勉強するなり、当医院に予防歯科精密検査を受けに来るなり(※これは宣伝です)して下さい。

低血糖症によって糖代謝に異常が起こり、心身に様々な症状が現れます。
インスリンの過剰分泌が、全身の脂肪細胞に過度のブドウ糖の取り込みと中性脂肪の合成を促進させ、脂肪が蓄積します。
過度に中性脂肪を取り込んだ脂肪細胞は、アディポサイトカインを分泌し、インスリン抵抗性が増大し、糖代謝がさらに乱れます。
この悪循環が肥満を生むのです。

だから、肥満を解消したければ、低血糖症を治せばいいのです。
そうすれば、体の代謝機能は正常化し、体型はその人にとって本来あるべき姿になります。
実際、僕は低血糖症でその治療として糖質制限食を続けていますが、身長174cm、体重63kgで維持されていますし、腹筋も割れています(笑)。

僕が行っているのは糖質制限だけです。
食欲の限り、好きなだけ食べていますし、間食もけっこうします。
運動は簡単な筋トレを含め、一切しません。
低血糖症の治療以外のいかなる努力もしてはいないのです。
それでも、均整の取れた体型を維持しています。

そもそも野生の動物に肥満はありますか?
伝統的な生活を送る原住民族に肥満の人はいますか?
人間が人間として本来あるべき生き方をしていれば、肥満になんぞなるわけないのです。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。