スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.2.19投稿記事②

イヌイット

肉食の話になると、よくイヌイットの話が出てきます。
イヌイットが健康でいられるのだから、人間は本来肉食の生き物だって言うけど、アンタ、イヌイットの何を知っているというの?
というわけで、今回はイヌイットの健康の秘密について書きます。

イヌイットとは、アラスカやカナダに住む先住民族の総称で、単一民族ではありません。
緯度の高い地域に暮らす彼らは、一年のうち10ヶ月は氷に閉ざされた地域で暮らしているため、植物性食品をほとんど手に入れることができません。
とはいっても、全く摂らないわけではなく、子ネズミが集めてきた落花生、ケルプ(大きな海藻類)、ツルコケモモの実、果実花やスイバの草などを採取し、冷凍保存したり、アザラシの油に漬けて保存したりして摂取しています。

そうはいっても、彼らの食生活のメインが動物性食品であることは違いなく、鮭などの魚類、アザラシやクジラなどの海獣類、カリブー(トナカイの一種)などの獣肉を食しています。
そうした動物性食品を、基本的には生で食べます。
そして大切な事は、内臓まで含めた全ての部位を食するのです。
アザラシやクジラなどは脂肪が豊富ですが、彼らはそれをそのまま食すだけでなく、食べ物の貯蔵に利用したりしています。
また、鮭などは乾燥させて保存食にする事もあります。

動物性食品ばかりだと、ビタミンCはどうするんだ、とか色々気になりますよね。
実はビタミンCは、人間や一部の類人猿、モルモットでは合成できませんが、他の大多数の哺乳類は体内で合成する事が出来るんです。
なのでライオンなど、完全肉食の動物であってもビタミンC欠乏にはならないのです。
ビタミンCは、動物の副腎や脾臓で合成され、貯蔵されています。
だからイヌイットたちは、アザラシなどの獣肉の副腎や脾臓を生で食しています。
我々は通常ビタミンCを野菜や果物から摂取していますが、新鮮な野菜や果物が年中手に入らない彼らでも、健康を維持するのに十分なビタミンCを摂取しているのです。
他にもさっき書いたように、限られた植物性食品を上手に保存しながら摂取することで、ビタミンやミネラルを十分に摂取しているのです。

イヌイットたちは人間が住むには過酷な環境に住んでいるため、長らく文明社会に侵されること無く独自の伝統文化を守って生活してきました。
彼らが健康でいられるのは、彼らが手に入れられる食料から健康を維持する上で十分な栄養素を摂取する事が出来ているためです。
そうでなければ、とっくに民族は滅亡するか、移住を余儀なくされていた事でしょう。
ですから、単にイヌイットが肉食中心だから、肉食でも健康が維持できると考えるのは早計でしょう。

イヌイットの健康の秘訣を学び、取り入れたいと願うのなら、うわべだけでなく生活のすべてを受け入れ、模倣しなくてはいけません。
毎年この時期になると、フード付きの“パーカ“を着ている人をたくさん見かけますが、パーカはイヌイットの民族衣装です。
イヌイットの恰好だけ真似しても、健康になれるわけでは決してありませんよ!









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。