スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.5.25投稿記事①

予防歯科、続き

さて、歯科の三大疾患(虫歯、歯周病、不正咬合)の予防を考えるうえで、もう一つ良い例は、「ねこ(猫)」です。
みなさんは、猫はお好きですか?

猫を飼っている人ならお分かりかもしれませんが、猫は毎日歯磨きしなくても虫歯になりません。
でも、実は歯周病にはなります。
全ての猫が必ずなるわけではないのですが、長く猫を飼っていると、歯周病になる猫がいるのです。
ちなみに野生の動物は歯周病にはなりませんし、野生の猫(イリオモテオオヤマネコなど)も歯周病になりません。

野生の猫と、飼い猫と、何が違うのでしょう?
そうですね、普段食べているものが違うんです。
野生の猫はキャットフードは食べないですから。

また、飼い猫についてあまり知られていないのですが、実は飼い猫はかなりの確率で不正咬合も見られます。
特に下顎前歯が叢生になっている場合が多いです。
野生の猫には不正咬合は見られません。

歯周病も、不正咬合も、どうやら共通の原因によって起こっているようですね。
前回のアボリジニーやエスキモー(イヌイット)の考察とともに、次でもっと詳しく解説します。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。