スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.3.10投稿記事④

嫌いな言葉

このシリーズはずいぶんご無沙汰していましたが、久しぶりに書こうと思います。
今回の嫌いな言葉は、「アンチエイジング」です。

アンチエイジングのエイジングとは歳を重ねること、すなわち老けることです。
これはもう、人間に限らず全ての生き物が持つ宿命であるのだから、何ともしようがありません。
そしてアンチとは、逆らうこと、抵抗すること、反対することという意味です。
ですから、アンチエイジングとは、老けることに抵抗すること、という意味になります。

日本には、日本抗加齢医学会や日本アンチエイジング歯科学会など、アンチエイジングを謳う学会も存在しており、日本人はアンチエイジングが大好きのようです。
アンチエイジングを謳った化粧品や健康食品、サプリメントなど、巷にはアンチエイジング関連のグッズやサロン、情報にあふれていますね。
でも僕は、そんな言葉を聞くたびに、鳥肌が立つほどの嫌悪感を覚えるのです。

最初に書きましたが、人間も他の生き物と同様、年齢を重ねればそれだけ老けていくものです。
それが自然の摂理であり、人間は時間軸をコントロールできません。
であるなら、本質的に抵抗できないものに抵抗することになります。

ですから、全てのアンチエイジングは、本質的なアンチエイジングではありません。
巷で一般的に行われているアンチエイジングとは、全てアンチエイジングもどき、すなわち老けて行っているけど、表面上は老けていないように、あたかも若返ったかのように見せかけているだけに過ぎません。
なので、全てのアンチエイジングは、偽りのまやかしに過ぎないのです。

サプリメントで栄養面を整えて、体の中からきれいになるというのはどうなんだ、と思われる方もいるかもしれません。
でもそれは、栄養面や腸内環境を整えることで若返るのではなく、年齢相応の健康体になっていくに過ぎません。
逆に言えば、栄養面や腸内環境が乱れていれば、本来の年齢以上に不健康で老け込んでいるに過ぎません。

いかなるアンチエイジングも、アンチエイジングたらないことがお分かりいただけたでしょうか。

そんなことをお友達の亀井先生に飲み会の席で話したところ、「僕はアンチエイジングではなく、ウェルエイジングって呼んでいるよ」と言っていました。
なるほど、それならすっきりくるし、良い響きだって思いました。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。