スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.3.15投稿記事②

鉄欠乏性貧血と、潜在性鉄欠乏性貧血

鉄が不足して貧血になることを鉄欠乏性貧血といいますが、血液検査で貧血と診断されなくても貧血様症状が現れる場合があります。
赤血球数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値は正常範囲内でも、鉄欠乏による貧血様症状が現れることがあるのです。
これを、潜在性鉄欠乏性貧血といいます。

鉄欠乏性貧血は30代女性では10人に1人、40代女性で7人に1人ですが、潜在性鉄欠乏貧血を加えると6割にも上るといわれています。
これほどまでに日本人の鉄欠乏は重度なのですが、意外にも欧米では鉄欠乏の人は少ないのです。

かつては欧米でも鉄欠乏性貧血が多くみられました。
その対策として、小麦などの食品に鉄を添加するようになりました。
現在ではアメリカ、イギリス、カナダなど二十数カ国の国々で、小麦粉に鉄が添加されています。
ベネズエラやメキシコではトウモロコシ粉に、モロッコでは塩に、フィリピンでは米に添加されています。
このためこれらの国々では鉄欠乏性貧血が著しく減少しました。

前にユーチューブで、アメリカのコーンフレークに鉄が入っているという動画がアップされていましたが、その鉄はわざと入れられているのです。
その鉄のおかげでアメリカ国民の栄養状態がずいぶん助けられているんですね。
日本では食品に鉄を添加してはいませんし、これからもその予定はありません。

潜在性鉄欠乏性貧血は、一般的な血液検査では診断することができません。
血清フェリチン値を測る必要があるのですが、フェリチンを含んだ詳細な血液検査・尿検査を希望の方は、当クリニックの予防歯科精密検査を受けて下さい。

そうです、宣伝ですが、何か?









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。