スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.3.21投稿記事②

低血糖症とアドレナリン

前に低血糖症とカテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンのこと)との関係を書いたのですが、アドレナリンとドーパミンがごっちゃになっていて分かりにくかったので、今回は低血糖症とアドレナリンとの関係に絞って書こうと思います。

低血糖症になると、インスリンの過剰分泌が起こるようになり、血糖値が下がり過ぎるようになります。
これゆえ、インスリンの過剰分泌による血糖値調節異常のことを低血糖症と呼びます。
下がり過ぎた血糖値を上げるため、生体は血糖値上昇ホルモンとしてグルカゴン、アドレナリン、糖質コルチコイド、チロキシン、成長ホルモンなどを分泌します。
通常の糖代謝においては、血糖値調節はインスリンとグルカゴンで行っていますが、血糖値調節機能が乱れると、普段血糖値調節に使っていないホルモンまで動員されるようになるのです。

このうち、カテコールアミンの一つであるアドレナリンが分泌されると、血糖値上昇の他にも様々な症状が現れます。
元々アドレナリンは、生体に危機的状況が生じた時、危機から脱出するために分泌されるホルモンであり、闘争か逃走か (fight-or-flight)のホルモンといわれています。
その作用は血糖値上昇作用のほか、主に交感神経を刺激して全身に様々なストレス応答を起こします。
・心拍数の上昇や血圧の上昇
・心臓や骨格筋の血管拡張と皮膚や粘膜の血管収縮
・消化管運動の低下
・中枢神経の興奮作用
などです。

必要な時だけアドレナリンが適量分泌するのなら、何ら問題はありません。
しかし、低血糖症になると、ほとんどいつもアドレナリンが分泌され続けてしまうので、常に興奮状態になってしまいます。
そのため、休息時に働く副交感神経とのバランスが乱れ、様々な不調が起こってきてしまいます。
これを、自律神経失調症といいます。

夜寝つきが悪い、動悸、息切れがする、夜寝ても疲れがとれない、お腹の調子が悪い、便秘がち、気分の波が激しい、ちょっとしたことですぐに落ち込む、などなど、本当に多彩な症状が現れます。
消化管の活動低下が胸焼けや胃もたれ、逆流性食道炎などの症状を起こしてくることもあります。

でも、これらは全て低血糖症によってもたらされているのです。
ですから、ガスター飲んでも治りっこありません。

低血糖症が万病のもとであるという理由の一端がお分かりいただけたでしょうか?









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。