スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.4.8投稿記事②

細菌の糖代謝

口腔内常在菌の中には、食物の中の糖質をエネルギーとして利用する菌がいます。
これらの菌は糖を解糖系で利用するため、最終代謝産物として乳酸を生成し、排出します。
菌体外に排出された乳酸によって歯の硬組織が脱灰され、う窩が形成されるのが、むし歯の発生メカニズムです。

むし歯の発生に関与しているといわれているのが、う蝕原性細菌であり、Mutans streptococci(ミュータンス族の連鎖球菌)であったり、Lactobacilli(乳酸菌)であったりします。
これらの菌もまた、生体と同様に糖質は単糖まで分解してから取り込みます。
であるので、アミラーゼ、インベルターゼ、マルターゼを分泌することができます。

人間にとって、果糖は最も吸収が早く、また糖化反応を強く起こす単糖ですが、これら細菌にとっても果糖は代謝にとって非常に効率が良い糖です。
ですので、果糖を多く含む糖質を摂ると、より乳酸産生が促進されます。
これが、砂糖や異性化糖がよりむし歯を作りやすい糖である理由です。

もちろん生体には酸に対する抵抗性がありますから、果糖を含む糖質を摂ると、必ずむし歯になるわけではありません。
でも、砂糖や異性化糖など、果糖を多く含む糖質、特に精製された糖質など、人間にとって全く摂取する必要のない糖なのですから、むし歯のリスクを冒してでも摂るのはばかげているって思いませんか?









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。