スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.4.18投稿記事

植民地と壊血病

栄養欠乏、特にビタミン欠乏に伴う疾患は、日本では脚気が有名です。
これは今日ではビタミンB1欠乏によって起こることが知られています。
日本では古くから、白米を常食している人に発症し、多くの人の命を奪ってきた恐ろしい病気でした。
ところが、海外では脚気は非常にまれであり、めったに見られませんでした。

これは海外、特にヨーロッパなど西洋文明圏では、小麦やライ麦など、麦を主食にしていたからです。
麦は、精製しても比較的多くのビタミンB1が残るので、主食が白パンであっても脚気には通常なりません。
日本でも、日清・日露戦争時、帝国陸軍は白米を常食としていたため多数の脚気による死者を出したのに対し、帝国海軍は早くからパン食にしていたため、脚気による死者は一人も出なかったという事からも分かります。

海外で栄養欠乏による疾患として有名であり、猛威を振るった病気といえば、壊血病でしょう。
15世紀半ばから始まった大航海時代、長期航海とともに壊血病は流行しました。
船の上では新鮮な野菜や果物を摂ることができなかったため、ビタミンC欠乏により、壊血病となったのです。
死者も多く出て、長期航海においては深刻な疾患でした。

船の上ならビタミンC欠乏になるのは分かりますね。
でも、大航海時代の後、スペインやポルトガルに端を発する植民地時代となると、壊血病の猛威は植民地でも広がります。
カリブ海諸島や、中南米のプランテーションで働く奴隷たちを中心に、壊血病が流行したのです。

長期航海で新鮮な野菜や果物が手に入らないのならいざ知らず、なぜ植民地で壊血病が流行したのでしょうか。
これは、植民地での奴隷労働による大規模プランテーションと、モノカルチャーによります。

モノカルチャーとは、耕作可能な土地一面に同一の作物を栽培し、生産することです。
これゆえカリブ海諸島や中南米の地域は、一面サトウキビ畑になっていたのです。
その土地で生活している者の食糧の生産さえさせず、ひたすら世界商品である砂糖のためのサトウキビ畑にしてしまったのです。

人は砂糖だけでは生きていけませんし、そもそも奴隷に貴重な砂糖など与えるわけもありません。
そのため、奴隷に与える食料はもっぱら本国からの小麦や保存食品などでした。
これでは長期航海に出ている船員と食べているものが同じですね。
これが、植民地で壊血病が流行した理由です。

こういう歴史の教訓から、ビタミンの必要性が認識されるようになったのですが、それにしても歴史を学ぶと世界の厳しさを知ることができますね。






歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。