スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.6投稿記事

妊娠と歯

よく、子供を産んだら歯が悪くなったという人がいますが、それは半分は当たっていますが、半分は間違いです。

まず、女性は妊娠すると、お腹の子供に栄養素を優先的に送るようになります。
タンパク質やビタミン、ミネラルなど、母体の健康を維持するために必要な栄養素であっても、胎児に回されてしまいます。
そのため、たんぱく質やビタミン、ミネラルの欠乏を起こしやすくなるのです。

皆さんご存知の通り、歯はカルシウムでできています。
歯は一度口腔内に萌出したら、ずっとそのままというわけではありません。
歯の表面は脱灰と再石灰化を繰り返しながら、結晶構造を強化しています。

しかし、妊娠するとこのカルシウムも胎児に優先的に持っていかれます。
そのため、唾液中のカルシウムが減少し、再石灰化能が低下するので、むし歯になりやすくなるのです。

むし歯という疾患は、複合的な要因によって起こります。
唾液中のカルシウムの低下が起こっただけで、皆がむし歯になるわけではありません。
あくまでむし歯の発症に大きな影響を与えているのは食事の内容です。
特に砂糖や異性化糖などの糖質が、むし歯の発症や進行と密接な関係を持っています。

女性は妊娠すると、つわりが起こります。
つわりは軽い人と思い人がいますが、栄養学的には妊娠前の十分な栄養補給によって相当程度つわりを軽くすることが出来る事が知られています。

つわりがあると、気持ち悪くて食事が満足に出来なくなります。
そこで、少しでも口当たりの良いもの、甘い物を摂りがちになります。
この、食に対する嗜好の変化によって、今までむし歯のなかった人でも、妊娠を機にむし歯になったりするのです。

でもこれは、食に対する正しい認識を持つことで防ぐことができるはずです。
というわけで、結局妊娠すると歯が悪くなるというのは、半分当たっていて、半分間違っているというわけなんですね。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。