スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.8投稿記事②

甘い物は麻薬

良く予防歯科における食事指導において、「甘い物を一切摂るな」というのは厳し過ぎではないかという指摘を受けます。
甘い物が大好きな人は、到底当医院で行っている食事指導が受け入れられず、挫折してしまうのではないかと懸念されます。
実際オーソモレキュラーでの食事指導では、代替甘味料の使用を許容していますし、崎谷博征氏の著書「「原始人食」が病気を治す」でも、食事指導は8割守れば十分で、残り2割は好きなものを食べてよいと書いています。

しかし、当医院では他の食事内容や飲酒に関しては、ある程度妥協も認めますが、甘い物だけは、一切の妥協を認めません。
唯一の例外は、天然のフルーツであれば少量なら摂っても良いというだけです。
砂糖や異性化糖、HFCS(HighFructose Corn Syrup)などの糖類はもちろんのこと、代替甘味料も合成、天然の別なく一切摂らないように指導しています。

これは何故かというと、甘い物は”麻薬”であるという認識であるからです。
例えば日常で非常に良く見かける麻薬として、タバコというものがあります。
このタバコを吸う人を”喫煙者”と呼ぶそうですが、この喫煙者に、タバコは麻薬だから減らしましょうとか、たまに吸うくらいなら良いとか指導するべきでしょうか?
僕は禁煙の専門家ではありませんが、こういう指導をして本当にタバコを減らしたり、いつか止めたりできるのでしょうか?

砂糖などの甘い物も、これと一緒です。
甘い物は人間にとって全く必要でないばかりか、摂れば摂るほど病気になる非常に危険な物質です。
麻薬に対しては、毅然とした態度で臨む必要があります。
そこには一切の妥協など無く、ただひたすら一切の砂糖を断つのみです。
というわけで、僕はいわゆる”甘党”の人を、砂糖中毒者とみなしています。

砂糖だって他の麻薬と同じく、単なる中毒性のある物質というだけでなく、精神も狂わせます。
実際口腔内が滅んでいるような重度の砂糖中毒者は、いわゆる麻薬中毒者(ジャンキー)そっくりの精神構造になっています。
そういう人を、僕はたくさん見てきました。

「ニコチン・アニンストールマニュアル」でおなじみの六本木氏によると、タバコを止めるのに最も必要なのは、正しい知識であるとのこと。
ですから僕は、砂糖の害や低血糖症の恐ろしさを、警告し続けているのです。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。