スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.20投稿記事①


パレオ・ダイエット

パレオ・ダイエットというのは、原始人の食生活を真似る食事法です。
パレオ(Paleo)というのは、旧石器時代(Paleolithicera)の略です。
今から大体200万年前~8000年前くらいの食生活を再現しようという食事法です。
1975年にWalter L. Voegtlinが、「The Stone Age Diet: Based on in-depth Studies of Human Ecology and the Diet of Man」という本で紹介したのが始まりとされています。

農耕開始以前ですから、穀物(米・麦など)や豆類(大豆・あずきなど)は摂取しません。
当然、調味類・砂糖類なども一切使いません。
食事は主に肉や魚、新鮮な野菜や果物、ナッツ類となります。
さらに、生で食べられるものは生で食べることが基本です。

あなたの周りで、グラスフェッド・ビーフを生のまま食らいついている人がいたら、間違いなくその人はパレを・ダイエットの実践者です。
これは冗談でも何でもなく、本当にそういう食事法なのです。

農耕開始以前の狩猟・採集・漁労で生活していた頃の人類には虫歯や歯周病は無く、不正咬合もみられず、がんや脳卒中、心筋梗塞などで死ぬ人は皆無であったろうと考えられています。
原始時代の人間は、基本的にみな健康で、長寿であったことが考古学的調査から分かっています。
そういう事を考えると、この食事法による健康法は、実に理に適っていると考えられます。

しかしこの食事法は、非常に厳密であり、実践するのはなかなか困難です。
ですので最近、崎谷博征氏がナチュラル・パレオ・ダイエットと称して、もっと実行しやすい形で原始人食を紹介しています(詳しくは「原始人食」が病気を治す (ヒトの遺伝子に適合した物だけ食べよう)を参照してください)。

ともあれ、パレオ・ダイエットは欧米を中心に、一定の愛好家を抱える食事法となっているようです。
そして、この食事法の考え方の多くは、当医院が予防歯科で行っている食事指導とも重なります。

しかし、当医院で行っている食事指導の基本は、「先住民族の伝統食」であり、原始人食ではありません。
それは何故かというと、原始人食、原始人食といっても、実際に原始人が何を食べていたか、誰も見たことが無いからです。
また、当時の原始人が食べていた食事の詳細な記録も残っていません。
それもそのはず、原始人食が指している時代にはまだ、文字が発明されていませんでしたから。

したがって、パレオ・ダイエットで原始人食と考えられている食事内容は、全て考古学的研究から推察された食事であり、全て想像に過ぎません。
一方、先住民族の伝統食は近代の研究をもとに示されており、研究者はそれを実際に見、食し、成分等の研究を行っています。
そしてそれを食べている人々の口腔内や健康状態を、実際にあって確かめています。
であれば、どちらの方がより信憑性の高い健康法であるか、分かるでしょう。

いずれにしても、健康になるための食事法ならば、本当に健康な人々が食べている食事を参考にすることは当然のことです。
そして、菜食主義で完全に健康な肉体を維持している集団や民族は、古今東西全く存在していません。
本当に、全く存在していませんから
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。