スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.22投稿記事①


野菜ジュース

以前予防歯科医師の吉岡先生が、市販の野菜ジュースに大量の砂糖が入っていることを角砂糖を使って示してくれました。
僕が普段から、「野菜ジュースなど野菜の死骸入り砂糖ジュースにすぎない」って言ってもあんまり反響がありませんが、写真で示されるとすごい反響があったようです。
写真はすごいですね。

さて、現在ではビタミンなどの栄養豊富な新鮮野菜が入手困難ですが、これにもれっきとした理由があります。
それを話し出すときりがありませんが、興味のある人は僕の過去記事を参照ください。

それでもビタミンB群やビタミンCなどの水溶性ビタミンなどを摂るのに最も優れているのが新鮮野菜であることは間違いありません。
貴重なビタミンなどの栄養素を極力失われること無くしっかりと摂るためには、新鮮な野菜を新鮮なうちに、最低限度の調理・加工でいただくことが大切です。
そして、何より大切なのが、しっかりと良く咬んで食べることです。
咬むことの重要さは、いくら言っても言いすぎることはありません。

食べ物はまずお口の中で、しっかりと咬むことで細かく砕かれ、磨り潰されます。
こうして食物が消化・吸収されやすくなるとともに、唾液がたくさん分泌され、食物と交じり合います。
唾液の中には分泌型IgAやリゾチーム、ラクトフェリンなどの抗菌成分のほか、唾液アミラーゼなどの消化酵素、またパロチンなどのホルモンも含まれていて、その後の消化・吸収にとって重要な役割を果たします。
また、咬むことが脳に伝わると、脳は消化管のスイッチを入れ、胃酸を分泌し、胃を活動状態にします。
胃で食物が十分に消化されるためにも、まずはお口の中でしっかりと良く咬むことが非常に重要なのです。

ですから、せっかくの新鮮な野菜をジューサーでジュースにして飲むなど、言語道断です。
流動食しか取れない寝たきりの人でもないのに、何で流動食にするのか、僕には全く理解不能ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。