スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.24投稿記事②


ふすま、糠

皆さんおはようございます、さとうながおです。
今日も一日頑張りましょう!…、なんて、らしくないことを書いてみたりしますが。
別に朝から飲んでいるわけではありません。
そんなことより、今日のテーマはふすまや糠でしたね。

さて、まずふすまですが、ふすまとは小麦の外皮(ブラン、Bran)の事です。
小麦を精製するときに出る、いわゆる糠の部分の事ですね。
小麦は本来、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なヘルシー食材ですが、その健康に大切な栄養素の大部分が外皮に含まれています。
ですから、精白小麦粉にしてしまうと、貴重な栄養素を失ってしまうのです。
残るのはほぼ糖質(デンプン質)だけ。
これじゃ体に良いわけないですね。

そして我々日本人がふだん“主食”と崇め奉っているのが、お米です。
お米もまた、人間にとって必要な栄養素の大半が糠(米糠)の部分にあります。
そのぬかを取り除いた白米は、ほぼデンプン質だけの食べ物です。
これが古来から日本人を“脚気、かっけ”にしてきました。
にもかかわらず、相変わらず白米を主食と信じて疑わない日本人というのは、本当に学習能力が無いのですね。

さて、ここでようやく今日のテーマに入っていくわけですが(長っ!)、今までの考察から、ふすまや糠は栄養豊富な健康食品ではないかって、皆さん思いませんか?
いや、多くの日本人は思っていますよね。

実際ふすま入りのパン(ふすまパン)や、米糠を織り交ぜたビスケットやシリアルなど、ふすまや糠は今日色々な食材に入っています。
ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なんて書いてあると、みんな喜んで飛びつきます。
でも、それらの食品表示をちょっとごらんなさいな、植物油、ショートニングなどなど…。
よくもまあ、そんなもの食うわなって僕は思いますけど。

結論から言ってしまうと、ふすまや糠を食べても、体にはよくありません。
穀物のぬかの部分に含まれるビタミンB1やB2、ビタミンEなどは、酸化に非常に弱いため、精製時に酸化して壊れてしまっています。
ですから、いくら食べてもビタミンを吸収することはできません。
また、ミネラルはフィチン酸と結合しているため、吸収できません。
ですから、ふすまや米糠が入った食品をいくら食べても、せいぜい食物繊維くらいしか有益な部分は残っていません。
そんなに食物繊維がとりたいのなら、おがくずでも食べてりゃ良いんです。
ふすまや糠は、残念ながらカスであって、食用にはならないものなのです。

米糠を有効利用したければ、糠漬けの糠床に利用するくらいでしょう。
でも、糠に含まれる栄養素をきちんと摂りたいのなら、やはり玄米を食べるに尽きます。
同様に小麦であれば、小麦ふすまを摂るのではなく、全粒小麦を摂るべきです。

ただし、全粒小麦粉で作ったパンやパスタなら、何でも良いという訳ではありません。
穀物は製粉すると、ビタミンが酸化されて失われてしまいますから、パンやパスタなら製粉後24時間以内に調理したものでなければなりません。
粉屋が製粉した全粒粉を買ってきて焼いたパンなんて、精白小麦粉にふすまを混ぜているようなもので、何の価値もありません。

こういう基本的な知識を知らないで、健康食に精を出している人が本当に多くて困ります。
あっ、栄養が足りないから頭が回らないのか!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。