スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.25投稿記事②


ビタミンD

こんばんは、さとうながおです。
さっきまで、もうっ、プンプン!みたいな投稿がありましたが、きっと彼はストレスがたまっているのでしょう。
放っておきましょうね。

さて、骨の代謝に関係のあるビタミンといえば、ビタミンDです。
ビタミンDにはビタミンD2(エルゴカルシフェロール)と、ビタミンD3(コレカルシフェロール)とがありますが、人間の骨代謝に関係しているのは、主にビタミンD3の方です。
骨代謝に関係するビタミンですから、このビタミンが不足すると骨代謝がうまく行われなくなってしまいます。
そのためビタミンDが不足すると、くる病や骨軟化症、骨粗鬆症など骨の病気になってしまいます。

歯科においても歯周病は歯を支える骨が破壊される病気ですから、ビタミンDが不足すると、歯を支える骨である歯槽骨の健康が維持できず、歯周病になってしまいます。
そしておそらくは、むし歯に対する抵抗性とも関連しています。ビタミンDは歯科疾患とも密接な関係を持つビタミンなのです。

ビタミンDは人間にとって重要なビタミンの一つですが、特にビタミンD3が不足すると様々な症状があらわれてしまいます。
ビタミンD3の供給源は食べ物からと、日光浴による生合成の二つの供給経路を持っています。
これらはどちらも必要で、どちらか一歩だけでは十分なビタミンD3を賄うことはできません。
そしてビタミンD3は動物性食品にしか含まれていません。
ですから動物性食品の摂取量が少ない人は、十分なビタミンD3を賄うことができないので、食事のバランスに注意しましょう。

事実、先住民族が妊娠前に摂る特別な栄養というものは、山岳地帯であればバターや家畜の内臓、イヌイットであれば野生動物の内臓や魚の卵の乾燥させたもの、沿岸部に住む先住民族であれば、魚卵やカニ、貝類など、全て動物性食品です。
また、出産後や成長期の子供に与える特別な栄養も動物性食品であり、ビタミンD3の含有量が高いことが分かっています。

普段から栄養豊富な食生活をしている彼らでさえ、特別な栄養を必要とする時期にはさらに食事を強化することを考えると、我々も普段の食生活には更なる配慮が必要だという教訓になることでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。