スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.31投稿記事②


漬物

内海先生の新刊「医学不要論」にも出てくるフレーズである、「ご飯に必ずそえられている漬物」というのが、妙に気になる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
確かに、定食をを頼めば必ずそえられていますし、牛丼には紅ショウガが欠かせないですし、カレーには福神漬けがそえられ、ハンバーガーにはピクルスが挟まっています。
日本人は漬物が大好きのようです。

日本の食文化においては、漬物は古くから作られてきた伝統食です。
昔は家庭で作ることが多かったので、多くの人にとっては“おふくろの味”でもありますね。
実際僕も、梅干しとお味噌はおふくろの手作りで、たくあんやニシン漬けなど、季節の漬物も多く食べてきました。

そんなお漬物ですが、そもそも漬物とは保存食です。
伝統的な食品の保存法は、世界的に見ても、塩蔵、乾燥、発酵の三つが主流です。
たくあんなんてのは、塩蔵と発酵(製造過程で乾燥も)を用いた保存食ですね。

しかし、今日市販されている漬物の多くは、伝統的な製法によって作られていません。
現代の漬物は添加物まみれであり、実は市販されている加工食品の中でも、添加物の使用料がワースト3に入るほどなんです。
こんなこと聞くと、食欲無くなりますよね。

実際漬物に使われる添加物は、化学調味料やソルビン酸、酸化防止剤、PH調整剤、酸味料、着色料などです。さらに甘草やステビアなどの甘味料を使って、味をごまかしているものもあります。

これほどまでに添加物が使われる理由としては、製造工程を簡略化するため、減塩にするため、素材の野菜の品質をごまかすためなど、色々な理由があります。

まず、製造工程の簡略化ですが、漬物は保温食ですから、漬けこんで時間が経って初めて旨味が出てきます。
でも、工業的な大量生産では悠長に時間などかけてはいられません。
ですから、添加物まみれの調味液につけて、たくあん風だとか、シバ漬け風の漬物に仕立てているのです。

また、漬物は本来高い塩分濃度によって食品を保存する技術ですが、昨今塩分は体に悪いなどという、医療界が疾病利権のために刷り込んだ巧妙なウソによって、避けられるようになってしまいました。
そのため、減塩の漬物などを作るようになったのですが、塩分が少なければ腐りやすくなります。
そこで、防腐剤を添加したり、元の野菜の塩素消毒を徹底したりするようになりました。
これで減塩だから、体に良いですって?バカ言っちゃぁいけませんね。

更に、漬物の原料は通常の流通には乗らない様なクズ野菜だったりします。
痛んで黒くなっていたるするので徹底的に漂白し、その後たっぷりと着色します。
原産地や製造途中の添加物を隠すために、キャリーオーバーを巧みに利用して、食品表示義務をかわしたりしています。
いや~、食品業界も、やりたい放題ですね。

そんなものを“必ず”添えないでいただきたいと、いつも思いながら、それでも完食してしまう僕でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。