スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.4投稿記事②


妊娠前の特別な栄養

自然とともに生き、健康な命をいただくことによって健康な肉体を保っている先住民族であっても、妊娠前の女性は6ヶ月間、特別な栄養を摂ります。
いくつかの民族は、男性もまた、結婚前に特別な栄養を摂ります。
医学の発達していない伝統的な先住民社会で、心身ともに健全で、健康な赤ちゃんを授かるために、彼らもまた為すべきことを為しているのです。
先住民社会では、子供の先天異常や発育障害は、全て親のせいとされます。
これは彼らにとっての真理です。

自然とともに生きる先住民族には、むし歯も、歯周病も、不正咬合もありません。
であるのなら、むし歯も、歯周病も、不正咬合も、人間にとって本来存在しない病気なのです。
野生動物にもまた、これら口腔疾患が無いのと同じ理由です。
ですから、これら口腔疾患は全て避けようと思えば避けられるものであり、もしなってしまったのなら、それは自業自得というものです。
毒親やグーミンはこの事実を決して受け入れようとはしませんが、そんな輩は勝手に滅べばよろしい。

さて、健康な肉体を維持するためには、健康な命をいただくというのが先住民族の考え方です。
そして、野生動物の活力の源は、その内臓に宿ると先住民族は考えます。
すなわち、心臓であったり、肝臓であったり、脾臓であったり、副腎であったりするのです。
そういう部分を、妊娠前の女性は特にしっかりと食べるように、指導されます。
魚であれば、内臓もそうですが、次の新しい生命が宿っている部分、すなわち魚卵を特別な食料とみなします。
ちなみに魚の白子の部分は、結婚前の男性が取るべき特別食とみなされます。

また、アボリジニーであれば貴重な食料であるエミューの卵には、特に優れた栄養が詰まっていると考え、それを特別な栄養を必要とする人に優先的に食べさせてきました。
このように先住民族は民族の健全性を維持するために、彼らにとって出来る限りの予防を行っているのです。

そんな予防的な栄養強化食など何もしなかっただけでなく、生まれてきた子供に平気でワクチンやクスリなどの毒を盛る親など、日本民族の恥ですね。
でも、本当に悪なのは、日本民族が正しい知識を得て健康に生きられないように、ウソの情報を流布している人たちなんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。