スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.8投稿記事②


日本人の信仰心

日本人は世界から見ると、非常に道徳的で高い信仰心を持った民族と考えられています。
特に、非ヨーロッパ民族の国で、イスラム圏を除いてキリスト教の普及率が最も低いのは、それだけ日本古来の宗教が強固であるという証拠だと考えられているのです。
そんなにも高い宗教心を持っていると思われている日本人自体が、自分は無宗教であると考えている人が多いことに驚きます。
でも、実は僕も、歴史や民族、特に先住民の世界や植民地の歴史を深く知るようになるまでは、自分のことを無宗教だと思っていた一人です。

日本は先進国中、英語の認識率が最も引くく、多くの日本人が英語を理解しません。
これは、日本人の強固な宗教心と密接に関係しています。
そして、これがゆえに、日本はアジアで唯一、欧米列強と本気で戦争をすることになったのです。

そもそも、日本は江戸時代、なぜ鎖国をしていたのでしょうか。
なぜキリスト教を禁止していたのでしょうか。
それを知るためには、なぜヨーロッパ諸国が諸外国に宣教師を派遣して、キリスト教を布教したのかを知る必要があります。

キリスト教徒は、過去にも何度も日本でのキリスト教の布教を試みましたが、別にキリスト教は日本だけに布教されたわけではありません。
実際、アマゾンの奥地であろうが、アフリカの砂漠地帯だろうが、アラスカの氷土だろうが、どこへでもキリスト教の宣教師は派遣されました。
それこそ、人の住むところならどこにでも。

宣教師たちは、なぜ世界中の国々にキリスト教を布教させようとしたのでしょうか。
歴史を知れば、その答えが分かります。

大航海時代になり、ヨーロッパ人が世界中に移動するようになり、他国の土地に入るようになったとき、そこの国では異なる民族が異なる言語を話し、異なる文化を持って生活していました。
そして、ヨーロッパ人はその土地やその国の財産が欲しいと考えました。
しかし、言葉も文化も違えば交渉が出来ません。
そこで、宣教師が送り込まれたのです。
多くの宣教師たちは布教のために外国に渡り、その国の言葉や文化を知って、その情報を本国に送りました。
本国では、その情報を元に、その国の攻略法を練り、そして実行していきました。
そのほうが、いきなり武力で進行するよりも、はるかに効率的だったのです。
何が効率的だったかですって?
そりゃ、植民地支配に決まっているでしょ!

キリスト教の普及率や、英語やスペイン語などの外国語の普及率は、諸外国の植民地支配の度合いを色濃く反映しています。
であるので、日本人は英語を理解する人が少なく、外国の宗教を受け入れる人が少ないのです。
それだけ自国の宗教、文化、民族の自決に誇りを持ち、民族を守るためなら戦うことも辞さない誇り高き民族であることを物語っているのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。