スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.10投稿記事④

宣教師の役割

宣教師といえば、思い浮かぶのはキリスト教ですね。
本当にキリスト教の宣教師は、世界中をくまなく訪れ、布教していますからね。
同じ一神教でもイスラム教はそんなことはしませんね。
それは、イスラム教という宗教がなぜ起こったかを知ると、理解できます。

キリスト教の宣教師が外国に派遣されるのには、二つの理由があります。
ただし、宣教師本人は、恐らく純粋にキリスト教を布教させたいと考えていたと思いますよ。
いつの時代も組織において、末端は組織の本当の目的など知らないものです。

その目的というのは、一つ目は派遣先の国の言語の習得です。
言葉が通じなければ、コミュニケーションが取れません。
そのため、外国に最初に派遣された宣教師が真っ先に行うことは、その国の言語の習得と、聖書の翻訳作業となっています。
これは日本に来た宣教師だけでなく、外国に派遣された宣教師の共通の重要事項です。

そして二つ目は、不満分子、反乱分子の特定と取り込みです。
そもそも、派遣された先の国が安定して、国民全てが満足していれば、外国の文化や宗教などを取り入れようとする人はいないはずです。
宣教師は自分の所属する共同体の信仰や価値観、文化などを放棄し、キリスト教に改宗させることで自らの仲間に引き込もうとしました。

宣教師が派遣される本当の目的は、他国への侵略であると前に書きましたが、実際にいきなり攻め入っても、大きな犠牲を払うことになるだろうし、戦費だって馬鹿になりません。
そもそも、列強諸国はそれぞれの国がしのぎを削っていましたから、国力を落とせば、他の列強に付け入られます。
ですから、なるべく労せずして外国を支配したいと考えます。
外国を労せずして支配するには、内乱を起こせば良いのです。
仲間同士で殺し合い、自滅するように仕向ければ、労せずして他国を手に入れることが出来ます。
ですから、宣教師が外国語を習得し、交渉できるようになったら、軍隊を派遣するのではなく、武器商人を派遣します。
そして、反乱分子に武器を提供して内乱を起こさせるのです。

その点で言えば、日本は他のアジア諸国に比べ、攻略は非常に困難であったろうと思われます。
この戦略が最初に実行されたのは戦国時代であり、上手くいったかに見えましたが傀儡政権である豊臣家は長続きせず、次の徳川家は巧妙に全国をまとめ、キリスト教を排除してしまったために、この野望は挫折してしまいます。
そして二度目の内乱である明治維新において、徳川幕府を滅亡させ、現在に至るというわけです。

日清、日露、太平洋戦争と大きな戦乱を乗り越えて今日の日本がありますが、宣教師から始まった列強の日本支配は現在も進行中の出来事です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。