スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.14投稿記事①

ピダハンの食べ物

こんにちは、さとうながおです。
今回はピダハンの食生活について書きます。
ピダハンはアマゾンの奥地に住む先住民族です。
先日紹介した本である、「ピダハン」は非常に面白いですから、ぜひ“買って”お読みください。

先住民族の食生活を研究している僕とすれば、やはり何を食べているかが気になります。
「ピダハン」によると、彼らはほぼ狩猟、採集、漁労で生活しています。
一部農耕を行ってもいるようですが、農耕は宣教師が村に派遣された折に、マニオク(キャッサバいものこと)の栽培法を伝えてから行うようになったとのことです。
村の男たちが主に狩猟を行い、女や子供が果物や木の実などを採集するとのことでした。
農耕も主に女性が行うとのこと。
ナッツ類は、ブラジルナッツというものを良く食しているようです。

一方狩猟では、陸生動物はサルやアリクイ、ワニなどを獲って食べるようです。
基本的に何でも食べるようですが、何故かアナコンダだけは食べないようです。
それに、ピダハンはアマゾン川の支流のそばで生活している民族なので、川での漁を良く行ようです。
漁は朝でも昼でも夜でも、いつでも行います。
そして、自分たち家族が一度に食べる分だけを獲っています。

食事の中では、魚の占める割合が7割に達するとのことで、動物性食品の摂取割合が多いのは、アボリジニーやイヌイットなどと同様の傾向で、狩猟民族では普通です。

興味深いエピソードは、本の著者であるダニエルがどうしてもサラダを食べたくなって、宣教師の本部からサラダの材料を取り寄せた時、ピダハンが「何で葉っぱなんて食べるんだ、食べるものが無いのか?」と尋ね、ダニエルが、「いや、俺たちは葉っぱが好きなんだ」と答えると、ピダハンは大笑いして、「ピダハンは、葉っぱ食べない」と言ったそうです。
葉っぱなんて食べなくても、ピダハンはみな均整の摂れた筋肉質の肉体を持ち、皆健康で高い免疫力を持っているのですから、葉っぱを食べることと健康とは関係無いんでしょうね。

ちなみにピダハンは、何日かに一度は何も食べずに一日を過ごしたりするそうです。
ピダハンの中では、空腹は人を強くすると考えられていて、あえて食事をしない日を設けるのだそうです。
近代的な医療が何もないジャングルで生きていくための、ピダハンの知恵なんでしょう。
本当に、ピダハンからは学ぶことが多いですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。