スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.15投稿記事①

むし歯の基礎研究

今日はこれから長尾会ですので、これが最後の投稿にしましょう。

むし歯の基礎研究としてラットが用いられるのですが、ラットは基本的にむし歯になりません。ですので、むし歯を作るためにエサの中に高濃度のシュクロース(砂糖)を入れ、与え続けます。それでもすぐにはむし歯にはならず、一年くらいかけてようやく小さなむし歯が出来るのです。

それでもこの実験系には困難が伴います。そもそも実験に使うラットは通常飼育で2年くらい生きるのですが、シュクロースを与え続けるとラットは色々おかしくなって、早死にしてしまいます。むし歯を作る前に死ぬラットも多いのです。ですから、ラットにむし歯を作ること自体が大変なんです。そうまでしてむし歯を作り、色々な物質を与えてむし歯の抑制効果が有るか無いかを調べるのです。

そうしてむし歯の抑制効果がみられたものを人間に応用するわけなのですが、ちなみにこの実験系において、フッ素はむし歯の予防効果が確認できませんでした。これはきっと、ラットと人間では違うということなのでしょうね。都合の悪いことだけ種差を持ち出すのが研究者の常套手段ですね。

ラットにむし歯を作る最も効率的な方法はやはりシュクロースのようですが、高濃度のシュクロースを与え続ける以外に効果的にむし歯を作ることが出来ないのなら、シュクロースがむし歯の原因であり、摂取を控えることこそがむし歯の本質的な予防法である、という発想には研究者たちはどうしても思いつかないようです。研究者の脳はラット以下なのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。