スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.16投稿記事①

ナバホとホピ

米アリゾナ州の北東部には、全米最大のインディアン居留地があります。
このインディアン居留地の北側にはナバホ族が、南側にはホピ族が住んでいます。
なぜこの地が全米最大の居留地となったのか。
それはただ単に、この一帯が砂漠地帯で不毛の地であるから、白人がいらないと判断したからに過ぎません。
この居留地の西側には、有名なグランド・キャニオンがあります。
あの景色を見れば、白人がいらない土地と考えたのも理解できます。

ナバホ族は遊牧民族であり、アメリカ合衆国の先住民政策によって居留地に押し込められたのに対し、ホピ族は農耕民族であり、このやせた土地に先祖代々暮らしてきました。

アメリカではこの居留地は長らく不毛の土地として捨てられていたようなものでしたが、この居留地に石炭やウランなどの天然資源が豊富にあると分かって、状況が変わります。
1941年にインディアン局によってナバホ族居留地のモニュメント・バレーでウランが発見されると、その翌年から1945年までの間に約1万1千トンのウラン鉱石が採掘されました。
このウランはニューメキシコ州北部のロスアラモスに運ばれ、広島と長崎の原爆の材料にされました。

ウランは原発で使用した後の使用済み燃料や原発事故での放射能汚染だけが問題になるのではありません。
ウランの採掘の際、大量の放射性廃棄物が出ます。
そしてそれはそのままウランの精製の際に廃棄され、深刻な環境汚染を引き起こします。
更に採掘の際にはラドンなどの放射性物質が発生し、気体であるがゆえに容易に採掘者の体内に入り込み、肺ガンや白血病を引き起こしました。
当然鉱山で働く採掘者は皆、貧困にあえいでいたナバホ族の人たちであり、十分な教育や装備を与えられぬまま働かされたうえに、ガンなどになっても十分な補償すらなく捨て置かれたのです。

ホピ族には先祖代々守ってきた予言があります。
彼らは文明社会を破滅させる「金の灰の詰まったヒョウタン」の元となるものが、自分たちの聖地の下に眠っていると伝えられてきました。
それゆえに、彼らはあのやせた土地にずっと住み続けていたのです。

このように、核の問題について語るときに、インディアンの話が出てくるのはこういう理由によるものなのです。
そしてチェルノブイリの人たちや福島の人たちのように、ナバホ族もまた、核の犠牲者なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。