スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.16投稿記事③

誰のお金

皆さんがお住まいの市区町村によっては、子宮頸がんワクチンや麻疹ワクチンの接種に対する補助や、無料クーポンなんてものまで配布している所があるといいます。
実費なら3~5万するところがタダで受けられる、と聞くとお得な話と思って乗っかる人が多いようです。

でも、そのお金はどこから出ているのでしょう?
そのお金は市区町村の福祉予算から出ているのであり、その元は我々が納めた税金です。
そのお金で製薬会社や医者が儲かるというわけです。

しかしそれでも病気が予防できるのなら、受けることは良い事だと思われるでしょう。
もしそのワクチンに、病気を予防する効果が“全く”無いとしたら?
これは笑い話でも何でもなく、実際臨床で用いられているワクチンの多くが予防効果に疑問を持たれていたり、全く予防効果が無いことを示されたりしています。
それどころか、危険な物質であり、害の大きいワクチンも多いのです。
全く予防効果が無く、害でしかないものを、いくらタダだからって打つのは馬鹿げているとは思いませんか?

しかもこのワクチンというものは、他の医薬品とは違くカラクリがあるのです。
それは、普通医薬品で副作用があって障害が残ったり死亡したりすると、製薬会社がその補償をしなければいけません。
世界のビッグファーマと呼ばれる会社は、各々数千億ドルもの訴訟費用を抱えているものなのです。

ところが、ワクチンにおいてはワクチン接種において副作用が起こったり死亡したりしても、製薬会社や医者は一切の保証をしなくても良いことになっています。
そして代わりに国が補償するという事になっているのです。

国が補償するといっても、その原資は我々の納めた税金です。
結局製薬会社や医者は丸儲けで、そのツケはすべて国民が背負わされる仕組みとなっているのです。
こんなに美味しいビジネスだからこそ、最近はこぞってワクチンワクチンと大合唱なのです。
どんなに反論されてもむきになってワクチン接種を推奨する医者がいますが、こういうカラクリだったんですね。
正にお金に魂を売った人たちですね。

このような社会の現状も長くは続きません。
全てのツケを全部国民の借金に回しているから、日本は未曽有の借金まみれになってしまいました。
でも大丈夫。
消費税を上げることにしましたから、まだしばらくは国民から搾り取り続けられそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。