スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.9.9投稿記事

世界で最も儲かる薬”スタチン”

みなさんは、スタチンというお薬をご存知でしょうか?
日本で最もよく使われているお薬”メバロチン”というお薬がそうです。
そう、高コレステロール血症のお薬ですね。
血中総コレステロール値が、220mg/dL以上だと、高コレステロール血症と診断され、親切なお医者さんは、”メバロチン”を処方してくれます。
飲んでいる方、きっと多いのでは?

高コレステロール血症になると、どんな状態になるのでしょう?
疲れやすい、眠気が取れない、体がだるい、やる気が起きない・・・
いえいえ、そんなことにはなりません、というか、コレステロールが高いだけでは、何の症状も起こりません。
実は、上に挙げた症状は、コレステロールが低くなる状態、低コレステロール血症の症状なのです。

コレステロールというのは、細胞膜を作っている脂質の元であり、神経細胞の神経突起の周りにある、シュワン鞘の元でもあります。
なので、体にとって、とっても大切なものだから、肝臓で4/5が作られています。
そして、血中コレステロールが低下すると、うつ症状が出現する頻度が上がるといいます。
また、統合失調症とも関係しているといいます。
さらに、脳出血の頻度も上がります。
低コレステロール血症とは、とても恐ろしい状態なのです。

でも、高コレステロール血症だって、脳梗塞や心筋梗塞の元になる、とても恐ろしい状態なんでしょ?だから薬で下げる必要があるんでしょ?と、お思いのあなた、それって本当だと思いますか?

残念ながら、それを否定するデータが次々報告されています。
スタチンでコレステロールを下げても、心筋梗塞を予防できる根拠は無いんです!
むしろ、服用により死亡リスクが上がるとまでいわれています。
そんな薬、何で処方されるんでしょう?

その理由は、最初に書きました。
そうです、儲かるんです、とんでもなく、儲かるんです。

あなたの主治医がスタチンを処方してくれたとしたら・・・
もう、喜べないですよね。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。