スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.5投稿記事

粘膜の防御に重要な働きを持つのが分泌型IgA(sIgA)です。
当然、歯周病の発症・進行とも密接に関係しています。

このsIgAを統括しているのが、小腸にある、パイエル板という組織です。
消化器官は一本の管であり、口腔はその入り口なのだから、免疫防御のシステムが消化管全体で統括されていることは、別に驚くことではありません。

歯周病の歯症や進行、再発のリスクにこの免疫防御系の機能が密接に関係していることは、疑いの余地が無いことと思います。
なのに、歯周病の治療や予防を行っている歯科医師で、このことに配慮している人が、いったい日本にどれだけいるのでしょう?

僕が以前、腸のことについて書いた時、「歯医者のくせに、何書いてるんだ」って思った方が多かったでしょう。
その心は、口腔内の病気を管理したり、予防したりするのなら、消化管全体、ひいては全身の健康や正常な免疫防御機構の仕組みまで考えないとダメだという事だったのです。

そんなところまで考えて予防歯科を実践している歯医者って、今までありましたっけ?
あるかもしれませんが、まだまだごく少数派でしょう。

という訳で、近いうちに、本格的な予防歯科をウチで始めます。
本質的、本格的、積極的な健康増進に基づく予防歯科の始まりです!









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。