スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.23投稿記事①

今日来た子供の患者さん。
下顎Aの舌側側から1が生えてきたとのこと。

7歳で永久歯の交換は遅めで、当然上顎骨の側方の劣成長が認められました。
母親に上顎骨の劣成長と、将来の前歯部叢生の話をしました。

鼻中隔軟骨の形成に鉄が必要なことから、最近は上顎骨の劣成長がある患者さんには鉄欠乏を疑うようにしています。
なので、ひょっとすると鉄が足りないのではないか?
という事も話しました。
よくよく見ると、アトピーがあり、じっとしておらずユニットを勝手に下りてちょろちょろ動き回る。
これは、相当な栄養欠乏がありそうと思い、食生活についても聞いてみました。

母親は、子供の食事にはずいぶん気を使っているとのこと。
アトピーも皮膚科にて治療中とのこと。

ひょっとして、ADHDでは?と聞いてみました。
すると、母親は、国立の総合病院の小児精神科で診てもらったが、ADHDではないといわれたとのこと。
血液検査もしたことがあるが、貧血だとはどこも言われなかったとのこと。

どこも?

どういう事か聞いてみると、小児精神科だけで6件も診てもらい、血液検査も何度もしたが、鉄が足りないとはどこも言わなかったとのこと。

フェリチンはいくつでした?と聞いてみました。
そうしたら、そんな専門的なことは良く分からないが、国立の総合病院の医師が鉄は不足していないといっているのだから、鉄不足なはずがない、といわれました。

この時点で、母親は怒り気味でした。

そりゃそうですよね、歯の生え代わりを診てもらいたいだけで歯医者に来たのに、鉄が足りないだとか、腸内環境が悪いためにビオチン不足でアトピーが出ているのでは?なんて言われたら、そりゃ、お前に何が分かる!って思いますよね。

栄養療法の話をしましたが、医科のことは医者に任せているから、あんたの指図は受けん!みたいな感じで帰っていきました。

栄養療法を臨床に取り入れるって、こういう事なのねって、実感しました。
無論、こんな事でへこたれはしませんが。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。