スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.25投稿記事②

保険診療の考察~まだまだ続く

今までのことをまとめると、日本の現行の保険制度の元で行われている診療の質に、大きな問題がある(要するに、治療がひどい)。
保険診療の治療の質の低さは、保険点数(診療報酬)が低いからである。
しかし、保険点数を引き上げても、診療の質はまず変わらないだろう。
だったら、診療の質を引き上げるにはどうしたら良いか、という感じでしたね。

これを目にされている歯科医師の皆さんの中には、「先生はそう思っているのかもしれないけれど、ウチでは保険でもすごく良い治療やっているよ!みんながみんな、そんなひどい歯医者ばっかりじゃないよ!」とお思いの方もおられるでしょう。
なるほど、素晴らしい心がけですね。
患者さんのために良い診療を行うことは、非常に素晴らしく、崇高なことのように思われます。
でも、保険で良い診療を行うこと、とりわけ治療費的に割に合わないような良い診療を行うことは、本当に”良いこと”でなのしょうか?

実際僕は非常に良い診療を保険で行っている歯科医師の方を、何人も知っています。
日常臨床のみならず、積極的に講演会や講習会を主宰している方も知っています。
でも、そういう崇高な志を持った、非常に尊敬できる先生でも、日常臨床で、特に保険診療で潤っている方を僕は知りません。
保険で良い診療を行っている先生の歯科医院は、まず少なくとも保険部門では利益が出ていないか、赤字です。
そこをカバーするために、保険外診療で経営を支えるか、講習会等を主宰して講習会費で赤字を補てんしています。

だからこそ、保険で本当に良い治療を行っている歯科医師は、そのやり方が、万人に適応できるやり方ではないと知っているのです。
赤字を埋めることのできる他の収入元が無いと、続けられないような、非常に心もとないやり方だという事を。
それが証拠に、そういう先生方は、自らリスクを取って自分の診療所を拡大し、人をたくさん雇い、分院展開し、良い診療を世の中に広げようとはしません。
講習会で教えている分には、講習会生はお客さんですし、自分が教えた臨床を強制することは出来ません。
また、実際に臨床で教えたとおりの診療を保険で行って、経営が傾いたとしても、何ら責任を取る必要はありません。

世の中なんて、変わろうが変わらなかろうが知ったこっちゃない。
自分が満足できればそれで良い、と考える方は、そうすれば良いでしょう。
実際世の中の圧倒的大多数は、そういう考えの人たちなんですから。
そして、世の中がおかしいのは、政治が悪いだの、官僚が悪いだの、大企業が悪いだのってネットで悪口を並べていればいいんです。

でも、世の中を本気で変えようと思ったら、自分自らがまず行動をしなければ。

僕の開業の目的は、「日本の歯科医療を現場から変えていく。日本の歯科医療を通じて、国民の健康と福祉に貢献していく」でした。
そこは今でもぶれていないし、行動し続けています。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。