スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.26投稿記事

保険診療の考察~僕はこう考える

保険診療の診療報酬は、OECD加盟国中ダントツに低く、香港の歯科治療費と比較しても1/2くらいです。
一方家賃や人件費、材料費などを考えれば、国際標準の歯科治療など、望むべくもありません。
個人個人の取り組みで良い治療を頑張ってみても、日本全体の視点から見れば、何も変わりません。

僕的には、正にこの日本の歯科医療の現状こそ、一人でも多くの日本国民に知ってもらいたいのです。
現代社会において、最も重要で、最も力を持ち、最も社会を変える力を持っているものは、他ならぬ情報です。
社会を変える大きな力は、広く国民に正しい情報を知らしめることによってもたらされるのです。

こんなfacebookの片隅で、ちっぽけな人間が叫んでいても、誰も聞いてはくれないかもしれません。
でも、誰かの耳に届く可能性がある限り、声に出して叫ぶのです。
この今の日本の現状を、嘘にまみれた社会の中で、真に本当の情報を、何度も何度も叫ぶのです。

日本の保険診療は、決して良質の医療などではない。

これを多くの国民が共通の認識として持つことがまず大切だと思います。
そして、本当に良質の医療には、それに見合った治療費がかかるものだ、ということもまた、国民の共通認識になるべきだと考えます。

僕が尊敬する歯科医師の多くは、保険外診療専門、または保険外診療をメインに診療を行っている先生方です。
そこでは、高い治療費に見合った、いや、それ以上の価値のある治療を提供しています。
良い治療には、それなりの対価を伴う。
安い治療にはそれなりの価値しかない。
そこを広く国民の共通認識にするべきなんです。

自己満足のために、保険診療でとてもペイしないような良質の歯科医療を提供している先生は、この国民が持つべき共通認識の形成を妨害しているということに気づいてもらいたい。
あなたが赤字覚悟で頑張れば頑張るほど、保険外で良質の歯科医療を提供している人に、「あそこの歯医者はすごく高い金とって、そこの保険でやってる先生と同じような治療をしているらしいよ」などという、いわれの無い誹謗中傷を受けることになるのですよ。
これが日本の歯科医療の発展にどれほどの悪影響を与えるのか、分かっていただきたい。

だからこそ、国民には正しい情報が与えられた上で、三つの選択肢を与えるべきだと考えます。

一つは、安かろう、悪かろうの保険診療を受けるという選択肢。
二つ目は、高額ではあるが、良質の歯科医療を受けるという選択肢。
三つ目は、あらゆる歯科治療を一生受けなくてもすむようにするための、予防を受けるという選択肢。

ちなみに僕がこれから一生をささげて取り組んで生きたい選択肢は・・・
言わずと知れた、三つ目です。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。