スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.11投稿記事①

直立歩行と視力

人間は直立歩行をするようになって、樹上生活から離れていきました。
脳の容積が大きくなると、それを支えるために脊髄が直立し、頸椎の直上に頭蓋が乗ることで、重い脳を支えるようになりました。
そうすることで、直立二足歩行になったといわれています。

直立二足歩行になった人間は、自由になった両手を狩猟につかうようになりました。
野生動物で肉食獣は、強力なあごを用いて獲物をしとめます。
実際は、あごの力だけで獲物のとどめを刺すことはできないので、咬みついた後に体を反転させて、獲物を食いちぎります。
これを、デスロールと呼びます。

人間は、両手を使って獲物を仕留めるようになったので、あごは重要ではなくなりました。
それと頭蓋が頸椎の直上に収まったため、あごは退化し、小さくなりました。
しかし、顎が小さくなったからといって、草食になった訳ではありません。
あごで獲物を仕留める代わりに手を使って獲物を仕留め、手を使って獲物を小さく切り分けて食べるようになりました。

人間は直立二足歩行をするようになりましたが、四足歩行の動物よりも移動能力が劣ります。
そのため、狩猟では主に飛び道具を使いました。
要は、槍ですね。

狩猟においては飛び道具を使いますから、より遠くまで見通せる必要があります。
そのため、嗅覚や聴覚よりも、視覚が非常に発達しました。
人間は視覚の生き物となった所以です。
このため、夜間などの闇には非常に弱く、闇を恐れるようにもなりました。

飛び道具は一発勝負です。
また、人間は防御力が非常に弱いので、狩りは集団で行うようになりました。
高い知能と集団行動という特性が、言語によるコミュニケーションを生み出したのです。

こういった人間の特性を知ると、現代人に視力が低下した人間が非常に多きことに驚きます。
目が悪ければ、メガネを掛ければ良いなんて、そんな単純な話ではありません。









2013.5.1投稿記事①

止めること

政治においては新しいことをすればするほど、官僚の利権が増えていって、一部の人が儲かって、そのツケを国民が払わされる仕組みです。
残念ながら、どんなに良さそうな政策だと思っても、実際にその政策で得をするのは一部の人だけであり、国民の98%はさらに搾り取られるだけです。
ですので、選挙の時に「僕が(我々が)当選した暁には、〇〇を行います」なんて言う政治家には、入れない方が良いですね。
逆に、「僕が(我々が)当選した暁には、〇〇を止めます」という政治家に入れると良いでしょう。

これは、政治の世界に限らず自分の行動でも同じことが言えると思います。
今の自分の境遇に満足できず、もっと暮らしを良くしたいとか、生活を向上させたいと思って新たに何かを始める人が結構いると思います。
中には結構なお金を払って自己啓発セミナーの様なものに参加し、「よし、自分を変えよう」なんて思い立って新たなことにチャレンジする人もいることでしょう。
でも、そういった人の大半は、結局長続きせず、元の生活に戻ってしまいます。
これはどうしてなのでしょう。

これは、実は皆さんが忙しすぎるからなのです。
忙しくて新たなことを始める時間が無いのに、無理に始めるから余計に忙しくなって長続きしないのです。
人は習慣の生き物です。
今までやってきた行動パターンを、そう簡単には変えられません。
ですから、新たなことをやろうと思っても結局挫折し、元の生活に戻ってしまうのです。

ですから、自分を変えたい、新たなことを始めたいと本気で思うのならば、それを始める前に今までやってきたことを止める事から始めなければいけません。

例えば、テレビを視ることを止めるとか、新聞を読むことを止めるとか、友達と飲みに行くことを止めるとか、長電話を止めるとか、インターネットを止めるとかです。
そうやって、普段の生活から、まずは空白の時間を作ることから始めるのです。
時間が無ければ何も始められません。
そして、自分が普段やっていることの大半は、実はやらなくても大してどうでもよい事ばかりだったりします。

僕は普段テレビを視ません。
昔は視ていたのですが、テレビを視る事よりもやりたいことができて、その時間を作るためにテレビを視るのを止めました。
新聞も昔のうちに止めましたし、電話も月に一回もすることはありません。
友達との付き合いも最小限度ですし、最近はネットに費やす時間も減らしています。

これは何故かというと、本を読むためです。
読みたい本が増えれば増えるほど、それ以外の削れる時間をどんどん削ってきました。

しかし、今は本を読む時間を削っています。
そうやって作った時間を使って、本を書いています。

何かを始めたいなら、まずは何かを止めること。
忙しいを口癖にしている人は、管理能力の無さを暴露しているようなものですよ。









2013.4.26投稿記事②

ウォーレン・バフェット

アメリカではこの人を知らない人はいないというくらい有名人ですが、日本でも良く知られていますよね。
あの、バークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、超億万長者ですね。
ベストセラーとなったスノーボールは、ひたすら読むのが苦痛なだけの本でしたが。
あんな本読む人、いるのかしら?

さて、バフェットといえば、無類のジャンクフード好き。
ハンバーガーやピザをこよなく愛し、飲み物はいつもチェリー・コーク(バフェットはコカ・コーラの筆頭株主でもある)。
こんな典型的に体に悪いものばかり食べたり飲んだりしていて、大丈夫なのかと疑いたくなりますが。
どうやら、まだ死んではいなさそうですね。
歯医者としては、口の中を見せてもらいたいですね。

バフェットのことを思うたび、人は食のためだけに生きるにあらずって思います。
好きなもの食べて、それで早死にするなら本望って、そういう生き方もありでしょうね。
人生の価値は人それぞれですから。

だから僕は、みんなが健康のことを考えて、最も良い行動を取れとは言いませんし、思ってもいません。
でも、正しい知識は持っていてもらいたいなとは思います。
正しい知識を持ったうえで、自分の人生にとって何が重要かを選べばいいのだと思います。

ただし、選択の余地のない幼い子供を砂糖漬けにしてむし歯だらけにするのは、明らかに虐待です。
それは到底許されるものではありません。
また、そうやって選択したうえでの生活習慣で起こった疾患について、救われたいなんて思わないでほしいですね。
当然の報いなのだから、甘んじて受けて、苦しむなり死ぬなり自己責任でどうぞ。
あれ?こんなセリフどこかで聞いたような…









2013.4.17投稿記事④

草食のお手本

人間が草食動物のように、植物性食品だけで生きるにはどうしたら良いか。
それを考えるヒントとして、とても良い動物がいます。
それは、パンダ(ジャイアント・パンダ)です。

パンダは元々は熊の仲間で、熊は肉食中心の雑食性です。
そのため、パンダの消化管は草食の動物にしてはずいぶんと短いのです。
そのため栄養吸収の効率がとても悪く、主食の竹を大人なら一日12~16kgも食べます。

そのため、パンダは一日の起きている時間の大半を食事に費やします。
そして、食事をしているとき以外は、なるべく動かずに寝ています。

人間は草食動物と比べると、明らかに短い消化管であり、むしろパンダに近いのです。
ですから、ベジタリアンや菜食中心主義で行きたいのなら、パンダのように、一日の大半を食事に費やし、それ以外の時間はなるべく動かずにひたすら寝ていると良いでしょう。

自然の摂理は自然界の動物から学べ、ですね。









2013.4.15投稿記事③

猫の病気

猫は腎臓の病気が多いって知っていますか?
ネコ科の動物は皆、腎疾患にかかりやすいかといえば、野生のネコ科の動物を見る限りそうではなさそうです。
飼い猫の宿命といわれる猫の腎疾患の、本当の理由を書きます。

猫は本来肉食動物であり、犬よりも完全肉食動物に近い生き物です。
ですので、野生の状態では食事から糖質を摂ることはほとんどありません。
これは、糖質が植物由来の栄養素だからですね。

さて、普段糖質を摂らない猫は、当然糖質を上手く代謝することができません。
猫が糖質を摂ると、小腸で吸収され、血糖値が上昇します。
しかし、糖質を上手く代謝できないので高血糖の状態が続いてしまいます。
さらに、全身の毛細血管に糖化が起こります。

いわば、猫というのは生まれつき糖尿病みたいなものだって事です。
ですから糖質を多く含んだ餌を与えると、簡単に糖尿病的症状が現れるのです。
人間でも糖尿病で良く表れるのが、腸尿病性腎症です。
これは、腎臓の糸球体の毛細血管が糖化を起こして破たんする病気です。

ちなみに、人も猫も、腎疾患と塩分の取り過ぎそのものは、あまり関係がありません。
もちろん取り過ぎは良くないですが。

ですから、猫を猫本来の食べ物だけで飼育すれば、腎疾患は起こらないんですよ。
キャットフードなんかで育てるから、腎疾患になるんです。
嘘だと思うのなら、キャットフードにどれだけ糖質が含まれているか、調べてみると良いでしょう。









プロフィール

さとうながお

Author:さとうながお
さとうながおの館へようこそ!
このブログはFacebook長尾周格投稿記事をまとめて掲載しています。
Facebookで読みそこなったあの記事、もう一度読みたいあの記事を検索するのに便利!
さとうながおファンの皆様には必見のブログです。

なお、当ブログに掲載されているスポンサー広告は、さとうながお及び記事の内容とは一切関係ございませんの下ご了承ください。

歯医者が虫歯を作ってる

新品価格
¥1,404から
(2014/5/5 20:24時点)


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。